痴漢バスおとり捜査官 麻美ゆま

タイトル: 痴漢バスおとり捜査官 麻美ゆま
キーワード: DVDトースター、レイプ・強姦、巨乳、職業色々、単体作品、痴漢
女優: 麻美ゆま
メーカー: アリスJAPAN
レーベル: アリスJAPAN

ネットの口コミ

「はあ?」
弟はそんな感想を吐き捨てながら、すこしずつ立ち直ってゆきました。
同じ敷地内に住んでいた大家さんが自宅の夕食に招いてくれたのです。
だから、こちらとしてはもう、そうだといってうなずくしかありません。
そして、定子の背中に手を回し、ブラジャーのホックを外す。
見下したような態度の夫に対して、渡辺さんは、的確にワンポイントだけ指摘。
「ああん、そんなところを弄らないでよ、感じちゃうわ」
そして、ふと会話が途切れた時、秋本君のベッドに腰掛けていた私の横に、彼が座り込んできて、
「先生、わたしったら…」
「アンタの蜜が飲めれば、わしは死んでもいい」
そう吐き捨てるように言われたのです。
「おいおい、俺のケツメドをさんざんいじっといてそれはないだろ」
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
私は驚きの声をあげてしまいました。
俺は初めての快感に酔い、叩き続けた。
「本当に!」
幸い何も知らなかった私は「事件に関わりなし」として放免されましたが、照雄は起訴され、裁判で実刑判決を受けました。
慣れないことをしないで普通が一番私に似合っているということだろう。
案内されて、中に入ると確かにボックス席タイプの店ですが、三方がカーテンで遮られて他の席はほぼ見えません。
仕方なく糸子は、向こう向きになって着物を脱ぐと、腰巻きだけ残し、おずおずと寝床で横になった。
どうも、いけない。
ところがマンションの地下の駐車揚に入り、貫井宅のスペースに停車してから、急に私を抱き寄せてきました。
わけの分からない私を夫人がリードし、抱き合ったまま反転する。
飲んでいるあいだも、夫とあの女のことが脳裏をよぎって仕方ありませんでした。
マン穴のヨガリ汁でヌルヌルになっていた中指が、窮屈なすぼまりを押し退けて、直腸にズッポリとめり込んでました。
昭和四十五年。
「初めての浮気、どうだった?」
「あなたが純粋に好きだったから……」
「ほら、もうこんなに濡れてるよ、佳代子さん」
うんざりした様子でKさんはいう。
居間に続く和室には布団が敷かれたままで、昨夜はこの上でと私はつい飲み慣れないブランデーに口をつけながら見てしまったのです。
奥さんが気持よさそうに喘ぐ。
と囁くたうに言ってやると、サチコは、

痴漢バスおとり捜査官 麻美ゆま

サンプル動画

働く巨乳熟女たち

タイトル: 働く巨乳熟女たち
キーワード: 女医、巨乳、職業色々、熟女
女優: 風間ゆみ、葉月奈穂、黒木麻衣
メーカー: Mellow Moon
レーベル: Yellow Moon

ネットの口コミ

綾子さんから問い詰められても私は知らばっくれました。
私は、父に嫉妬しました。
鮭は北海道にいた頃でもたまにしか食えない贅沢品だったし、肉ジャガと味噌汁はまさにオフクロの味だったからです。
彼女の名は、下田里子。
よけいなことを考えている間に、定子はソファーから立ち上がり、ベッドに寝転がる。
そして、そのとおりに試してみる私。
「そういうこと、そういうこと」
一瞬、何のことを言っているのか分からなかったのですが、すぐにフェラチオをして欲しいのだと気づきました。
もっと加奈子に意地悪がしたいのです。
綾香は驚きながらも頷いてくれた。
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。
引きつった声で年増ホテトル嬢が答えました。
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
私は麻美を引き離しました。
仕舞いには、彼女がトイレに立ち上がった時、
これが初恋なんだと強く思った。
当初は新妻気取りで甲斐甲斐しく働いていた私ですが、セックス三昧の毎日を送るうち、しだいに掃除や洗濯もお座なりになり、食事も店屋物で済ませてしまうなど、お気楽なものでした。
四十歳前後の女にここまで高飛車に出られると、流石に腹も立ちましたが、いわれるままに小生は靴下を脱いで女に手渡しました。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
「んだば言うとおりにするんじゃ」
七十過ぎでも、夜這いをうけいれたのか。
ですが次男である夫は、舅が立ち上げた別会社を任せられていたので、自由にのびのびとやれていました。
「あっ、あっ、そ、それえ~っ。いい~っもっと動いてえ~」
西島の実況中継は、私の性感をいよいよ煽りたてました。
「そ、そんな……」
桃太郎が帰った後、私は泥のように深い眠りに落ちました。
思い切り腰を高く上げて逃げようとしたその時だった。
返答に困っていると、なんと彼女は、
四つん遣いで喘ぐ私の口に、今度は吉崎さんのものが無理矢理ねじこまれました。
しかし、女が自らの羞恥心を振り払って身を呈してくれているのだ、応えないわけにはいかない。
と嘘をついてしまったのです。
「あうっ~そうなの。亡くなった主人に仕込まれて、今まで痰いて疼いてしょうがなかったの」
それまでに私が抱いたことのあるどの女と較べてみても、サチコの肉体は火のように熱い。

働く巨乳熟女たち

サンプル動画

Dcup超絶品ソープ嬢 里美ゆりあ

タイトル: Dcup超絶品ソープ嬢 里美ゆりあ
キーワード: 独占配信、デジモ、ハイビジョン、単体作品、巨乳、ローション、キャバ嬢・風俗嬢
女優: 里美ゆりあ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ DIVA

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
「東京でね、断わりきれなくて、山形に帰ってからにしましょう、て答えてしまったの」「それをあいつは、オーケーの返事だと思ってしまった、ということかな」
「あふんーあ、ああ……んもう、松岡君たらそんな恥ずかレい揚所までイクズラするの?そんな破廉恥なこと、どこで覚えてきたの?許さないから。あ、ああ、だめ…」
あんなにやけたキザ野郎のどこがいいのか、と私のまわりでもよく噂しているのだが、それは、どうやら半分は、私に対するあてつけのようです。
あくまでもあなたの気分を和らげるためにこの場所にいる。
「でも、こんなことではダメだよ。本番はこれからだからね」
指で掻き回すたびに女が喘ぐ。
「先生、私、三年間ずっと先生のことが好きだったんです。好きで好きでたまらなかったんですッ」
一般的に、大学教授の頭の中には、特定の生徒を指して「あの子を抱きたい」という願望をもつことなどあまりありません。
「私で元気になってくれるのなら」
お姑さんとの仲も、同居でないためそれなりに上手くいっていました。
「あ、あふ…気持ちいい。すごくいい……」
ちゃんと適齢期に結婚したもののたった二年で離婚。
彼女の肉ビラはすでに湿っていました。
「駄目ですぅ。臭いですよ」
「あああ~」
照雄のことは大好きだけれど、やはりこのままでは不安です。
「もっと詳しく教えて欲しいな。できればお会いして」
ただし、残念ですが、肛門に器具を挿入するために、年を取った団塊エロオヤジには、少しハードなプレイとなります。
それが寝耳に水の離縁話…娘の糸子は昨日暗くなってから、しょんぼりとして帰されてきたのだった。
何か、期待させるものがあり、ママさんを口説ける光明が見えてきた。
私から誘惑したわけではありませんが、お金に釣られてお尻の穴まで差し出したなんて自分の口ではとても言えません。
右子夫人はテレたように言い、男たちから離れ私のそばにやって来た。
強引に、私の疑惑を晴らそうとでもするかのように、私のパジャマの中に手を入れてくるのが常でした。
「困るわ。あたくし、そういうつもりで伺ったわけじゃ……」
「ああっ」
カードがないと自販機を使えないなんて迷惑なことを考えたのはいったいどこの誰なのか。
確か、三時間の休憩で二千円ぐらいだったと思います。
もう、私、耐えられなくなって、
時折乱れた裾から脹脛が覗いたり、襟足の項が垣間見えたときなどドキドキするほどの興奮を覚えてしまう。
張りがなくなり萎みかけた乳房を揉みあげられた時、一瞬だけ自分の体型の崩れを恥じる気持ちが湧いたのですが、すぐに巧みな舌と指の動きに抵抗をやめてしまいました。
奥さんは俺の反応を見て楽しんでいる。
惚れ込んだ赤線の女を娼家から退かせ、自分ひとりの囲い者として身請けをするくらいの金には不自由しない。

Dcup超絶品ソープ嬢 里美ゆりあ

サンプル動画

お義姉さん、いっ妹よりずっといいよ 結城みさ

タイトル: お義姉さん、いっ妹よりずっといいよ 結城みさ
キーワード: 騎乗位、顔面騎乗、姉・妹、ハイビジョン
女優: 結城みさ
メーカー: タカラ映像
レーベル: タカラ映像

ネットの口コミ

すったもんだの大騒ぎが始まったのは次回の教室の時でした。
私には、能力的にも性格的にも、父のように生きてゆく自信はまるでありませんでした。
褐色の肉ビラをゆっつくり捲っていくと丸い突起が顔を覗かせました。
本人もそれに抵抗がないらしく、なおいっそう激しく啜り上げたり頭を動かしたりしてきました。
「い、いいのよ、もっと、紋めて」
「うふうう、はあ、ああっ、ああぁん」
夫婦生活に何か不満でもあったのか。
「ううっ……」
「加奈子さん、今、何を考えているのですか。なんだか、上の空のように見えるのですが。体調でも悪いのでしょうか」
「じゃあ、死にはしないが、生き返るには、元気になるにはアンタの…」
これだけの人数の男性が、私を女としてみて、セックスしてくるのが、自分自身を保つ支えになっていたのです。
しかしその一方では「このままだとヨガリ声を上げてしまう」と恐怖にかられ、侮しまぎれに年増ホテトル嬢の腰を手前に引き寄せて尻の割れ目をパックリと掻き分けました。
ふっと我に返った時には、すでに彼の腕の中でした。
通されたリビングには、キッチンから漂ってくる美味しそうな料理の匂いがたちこめていました。
仕舞いには、彼女がトイレに立ち上がった時、
こんなにスムーズにいくとは思っていなかったからである。
とか
すぐに119番に連絡をするのが人間のあるべき姿だろう。
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
「お前、オ×コのたんびに寝小便するっと? ソリヤ本当かい?」
もとの隅っこに座った。
自宅に戻ってから掌を広げてみたのですが、そこには一万円札が六枚も折り畳まれていました。
私が夫人の巻きつけているバスタオルを剥ぎ取ると、小ぶりな乳房の下にタテ長のヘソ、その下方には黒々とした陰毛が広範囲に生え広がっていた。
私とて、あれから一度も浮気はしていません。
実は、あのツアー以来、女性客の添乗員を外されてしまったんです。
濃い口紅を塗った、肉の厚い唇が、私の亀頭をすっぽりくわえ、ゆっくり締めつけていました。
体中の産毛が立ち上がって、私の肌を吊り上げていく。
そう言って真っ赤になって笑ったのを今でも覚えています。
「これからは、お母さんの好きなように、生きてみたら?」
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
うちの主人は相変わらず帰りが遅く、時間潰しに観ていたテレビドラマも面白くなかった私は、また玄関の外に出て、お隣のドアの前で様子を窺ってみたのです。
俺は素直に深々と頭を下げて、奥さんに失礼を詫びた。
それからというもの、赤線の娼婦に対してあたかも永井荷風などの花柳小説に登場するような女性を想像し、それが果てしのない妄想を描くまでにふくらんでいった。

お義姉さん、いっ妹よりずっといいよ 結城みさ

サンプル動画

女子校生とヤリたい! 制服美少女80人16時間

タイトル: 女子校生とヤリたい! 制服美少女80人16時間
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、4時間以上作品、美少女、学生服、女子校生
女優: 愛斗ゆうき、愛原さえ、蒼井そら、蒼井ちなつ、佐藤ショコラ、平井綾、早乙女ルイ、七海なな、鮎川なお、大橋未久
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

五十八歳の未亡人ですが、ほっそりして品のいい顔立ちのせいかまだ四十代半ばにしか見えない美人です。
圭子と一緒になりたい男は、星の数ほどいるはずです。
驚いて顔を歪めた大家さんが横にやってきて私の肩に手を添えました。
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
私の仕事はセールスだ。
私が到達してまもなく、渡辺さんも私の中で精を放ったのです。
女は丁寧に挨拶をするとスーツを脱いでスリップ姿になつた。
そう思うと、すごく淫らな気持ちが込み上げてきて、さらに興奮してドキドキする思いに息苦しくなってきて、先生のオチンチンを咥えていられなくなってきました。
つい最近、処女膜に縁を切った女性の考えることといえば、ほかに何があるでしょうか。
私はまず、ソープランドに出かけた。
あの頃のことを思い出すと恥ずかしくてたまらなくなりますが、ああいう時期もあったからこそ、今の幸せがあると思っています。
半年ほど前、農業団体の催しで新潟に出向いた時のことです。
生理が終わると同時に、男性の物を受けつけなくなってしまったのです。
心配になった私は学生簿を調べて彼女の自宅に電話したのです。
俺は、口を離して右手の甲で拭った。
 黙ってうつむいてたお下げ髪
私はひとりっ子でしたが、両親は店の仕事が忙しかったのであまり子供にかまう暇はなく、私はこれ幸いとレジのお金をくすねては、気ままに買い食いなどしていました。
ブラジャーはつけていなくて、手のひらが乳房に触れる。
娘の頭をがっしりと押さえて柔らかな口粘膜の感触をじっくりと楽しませてもらいました。
我が家に近づくにつれ、彼は、どう糸子に話すべか?
「ヒサミちゃんは?」
その意味は自分の下腹部がすぐに教えてくれました。
掌でカリの部分を包み込み、五本の指先を立てるようにして胴の部分を掻く。
あの当時、夫は異常なくらい私に優しく接してくれました。
ですが、オカマなどと言われてしまっては、こっちにだってプライドがあります。
充血して大きくなったお豆を指でこすりつつ、私も夢中になって腰を突き上げました。
「あっ、ああああっ!」
「あふーん」
ところが、正常位から腹這いにさせられ、私が言われるままのポーズをとろうとした瞬間、手錠のようなもので両手を拘束されてしまったのです。
私は彼女の衣服を剥ぎ取り、乾いた肌に舌を這わせる。
一瞬驚いた顔をした彼は、すぐに誰も来てないと言ってきたので、私もつい
ロココ調の調度品で統一された室内は、品があって一分の隙もない。
私は、しかるべき理由もないものと思われるようになっていった。

女子校生とヤリたい! 制服美少女80人16時間

サンプル動画