Very Best of MOODYZ 2013 上半期傑作選!

タイトル: Very Best of MOODYZ 2013 上半期傑作選!
キーワード: デジモ、ベスト・総集編、輪姦、巨乳、中出し、独占配信
女優: つぼみ、立川理恵、JULIA、尾上若葉、上原保奈美、乃々果花、成宮カナ、春原未来、長谷川リホ、吉永あかね
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

実は教室には秀麗のご婦人や未亡人といった参加者が大勢いて、黒一点の私のモテモテぶりたるや自分でも信じられないほどなのでございます。
私は、蒲団を隅に寄せて、座布団をさし出しました。
小遣いも断たれ、私は再びアルバイトに精を出さねばならなくなりました。
「すごいわ」と里子が言いました。
それも節約できる。
乳輪も大きく、乳首もつまめるほどのボリューム。
貞淑で控えめで堅実な妻だった。
ベッドの横に立ち、私たちは抱き合っていました。
加奈子は、もう指が止まらないのでしょう。
とはいえ、命の灯火すら今にも消えそうな状態。
セックスは、当然のように遠のいていきました。
ところがです。
彼の言うとおり、数分も経たないうちに、液体を塗られたあたりがじんじんと熱くなってきました。
学生の家を直接訪れるというのはいかがなものかと思いましたが、もうこれ以上麻美を放ってはおけませんでした。
「すごいよ。見事なケツだ。いいオマxコだ。チxコは、どんな感じだい?」
と自己嫌悪に陥ったりしたものだ。
彼はいつもひとりでやってきて、新聞を読みながらゆっくりコーヒーを飲んだり、食事をしたり、時にはビールを注文することもありました。
最初は妙子の申し出をやんわりと断った私だが、やんわりと断るぐらいで、妙子の野外露出願望が萎えるはずもなく、会えば野外露出ブレイをせがまれるようになった。
うぶなエロジジイをなじみ客にしたいという態度が見え見えです。
糸子が声を振り絞ってむっちりした尻を動かすと、グチョグチョと陰門の鳴る音と共に、淫水が吹き溢れ、藤右衛門の青筋立った陰茎はもとより、自分の太股迄べっとり濡らし、余った分はさらに糸を引いて寝床の上に滴リ落ちる。
「実は、クルマに乗れないんです」
「でも寝たんでしょう?うちの亭主と。あなたはご主人に言えないことをしたんでしょう?私が知ってしまった以上、このこと、知らないのはあなたのご主人だけなのよね?」
計算づくだと笑う。
私が逡巡していると、夫はガラス窓に面したテーブル席に座っていた派手な感じの女のところにニコニコと近づいていったのです。
その瞬間、三本の指が陰裂にずっぽりとめり込みました。
「あらぁ、珍しい」
突きつけてみた最後の切り札。
(とにかくオマ×コを貫かなければ)
彼の声が熱を帯びて、手付きも乱暴になっていましたが、私は何だか無理矢理されているような行為に胸が沸き立つような気持ちさえしていました。
「え?」
メンスの時にしか意識しなかった自分の秘処が、身をよじるほどの快感に包まれ、自分の方からもっと貪るようにシーツの上で下半身を嫌らしく動かせてしまったのです。
「確かにそうかも知れないわね」
こうした日々が続き、幸恵は日陰の身の生活に満足しているかに思われた。

Very Best of MOODYZ 2013 上半期傑作選!

サンプル動画