現役キャバ嬢がドレスを脱いだとき… 4時間 12 痴情の枕営業編

タイトル: 現役キャバ嬢がドレスを脱いだとき… 4時間 12 痴情の枕営業編
キーワード: キャバ嬢・風俗嬢、ギャル、4時間以上作品
女優: 里美ゆりあ、JULIA、愛あいり、青木玲、横山みれい、北川エリカ、結城みさ、仁科百華、青木美空、小早川怜子
メーカー: メディアステーション
レーベル: BAZOOKA(バズーカ)

ネットの口コミ

これからは陸釣りは止めて正真正銘の釣りに没頭しようかと思っている今日この頃です。
しかし「これでもう思い残すことはない」と圭子に言われたとき、圭子の私の想いもさっぱりと消えてしまったのだろう、と勝手に解釈して落ち込んでしまっていたのです。
と、捲れたカーテンの端から室内を覗いて息を飲みました。
まあね、いっちゃなんだけど、この歳でも、女に不自由しているわけじゃない。
私は耳を疑った。
私はなんだか戸惑ってしまいます。
形の良い唇も緩んで半開きになってきた。
小さな声で呟きながら、クリトリスを刺激し続けていたのでした。
うっかりした行動というのは、主に女性問題を指します。
そして私はホテルに連れ込み、思う存分、飲み千すのだった。
これからは、夫婦で人生を楽しんでいこうと考えています。
半年ほど前、農業団体の催しで新潟に出向いた時のことです。
運を天に任せて、その日、私は彼の家を訪ねたのでした。
しばらくしても帰ってきません。
「ええ、何て言えばぁ、いいんですかぁ」
もっと若ければ、続けて第二ラウンドも可能だったろうが、いつの間にか深い眠りに落ちていた。
だいいち、そのころの私は無職で、彼の稼ぎで食べさせてもらっていました。
少し前、リストラにあって仕事を失い、仕方がないので空き缶を集めて生活をしていた。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
「もっと股さおっ広げろッ」
驚いた顔で、娘がこっちを見ている。
夫の実家に行くのが面倒になると、夫から姑に私が体調を崩しでいると嘘をついて貰えたりと、私にとって夫の優しさは好都合でした。
何と夫人の名を呼び捨てにして叫ぶと、
「ああ、もう我慢できないよ。そろそろ、合体しようぜ!」
「いえ、僕だってほら」
その白い肉が湯の中で揺れているのが、たまらなく色っぽく見えました。
律子さんのカタログにあったあの人と負けず劣らずのイケメンだって、律子さんが太鼓判を押してくれたもの。
それどころか彼女は私の胴に足を巻き付けオマ×コをくっつけてくるのです。
同時に私の胎内にはバイブが恐ろしいほど強烈な快感を畳み掛けるように送り込んできて…。
飲みに誘うのはもちろんのこと、占いと称しては手を握る、マッサージといっては肩を操む。
奥さんの方は子供を旦那さんのところに置いて家を出、木原さんの方は妻子に養育費を送っているので生活が楽ではないとこぼしていました。
安い今が絶好の買い場です」
と言う。

現役キャバ嬢がドレスを脱いだとき… 4時間 12 痴情の枕営業編

サンプル動画