美2011年上半期総集編

タイトル: 美2011年上半期総集編
キーワード: 独占配信、4時間以上作品、ベスト・総集編、巨乳、痴女
女優: 仁科百華、水元ゆうな、水城奈緒、木下若菜、真田春香、ayami、ERIKA、森ななこ、ましろ杏、長谷川聖那
メーカー: 美
レーベル: BEST(美)

ネットの口コミ

あの綾子さんはさすがに話には加わりませんでしたが唇を噛みしめてじっとうつむき、その表情からは嫉妬を通り越して怒りの炎が立ち上っていました。
私は手を下に伸ばし、尻の谷間の奥に指先をたどり着かせました。
大家さんは四十八歳の未亡人で、とても綺麗な人でした。
五十過ぎの大して色っぼくもない女なのに、それでもすぐにちんちんがその気になってしまう。
定子は虚ろな目で挿入をねだる。
もう、自分の存在すら否定されたような気分です。
抱えた太腿を折りたたんで、女の体を転がして後背位にする。

加奈子が処女でなかったら、おそらく、ありきたりの関係で終始していたかもしれません。
だが、仕事もしないで一日中、家にいると体力は損なわれ、気力も失われる。
それは、他の女性を作って家に寄りつかなくなった夫を待って、一人で家にいるのがイヤだったこともありますが、自分が女であることを誰かに認めて貰いたかったのです。
「今に分かるわよ」
せっかくいい雰囲気になってきたところなのに…。
猛烈な悪臭が漂ってきました。
歩く時は、左右にブルンブルンと肉が揺れてバンティの布地から、はみ出しそうな状態がいい。
私が美登利にたいして特別な感情を持ち始めたのは、高校への通学を一緒にするようになってからである。
ホテル内のティールームでは、町の喫茶店なら三百円くらいのサンドイッチが千円近くもしました。
「この時期はお客さんの数も少ないので、仲居には休んでもらってますの」
簡単に言えば、肛門からある種の器具を挿入して前立腺を刺激することで、射精することなし(ここからドライ、つまり乾いたという意味)に、果てることなく何時間でも快感に耽ることが出来るという驚異のオナニー法のことです。
紫色した塊物の先で、ヌラヌラになっている空割れを擦り擦りジワジワジワジワッと一寸刻みに陰門の中へ押し込んで行く。
「そうかい、ヒサミちゃんも気にいるかな」
だから会社の経営も景気が少し悪くなったあたりで傾きだしてから、立て直すことが出来ないまま悪化させてしまったのでしょう。
自ら名乗った。
(よくぞ、還暦のこの年まで夫婦仲がもったものだわ:…)
勝算は十分にありました。
「ふふっ、いやなこと言わんといて」
半ばまでめくったところで、私の目が吸い付いた。
彼女は特別美人というわけでもなく、どちらかというと地味な存在でした。
「やっぱり……佳代子さんは、虐められるともっと感じるんだよ……」
おぞましいとも受け取れる光景だが、いくつになっても、いや、歳を取れば取るほど人間という動物はそういうものかもしれない。
私はお隣のご主人の浮気現場を突き止めてしまった興奮で、さっきまで観ていたつまらないテレビドラマよりこの事実にワクワクしてしまいました。
そう冷やかに俺を見下しやがった。
二人の快感はどんどん上昇するばかりである。

美2011年上半期総集編

サンプル動画