E-BODY高画質セックス4時間2

タイトル: E-BODY高画質セックス4時間2
キーワード: ベスト・総集編、スレンダー、痴女、巨乳、独占配信、ハイビジョン
女優: JULIA、佳山三花、竹内あい、風間ゆみ、小島優花、来栖ひなた、あざみねね、菅野みいな、成美雪菜、北村わか
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

強引に唇を重ねました。
しかし、じつは私が思い悩むことはなにもなかったのです。
悲鳴じみた声を放って大家さんが仰け反りました。
私は立ち上がり、里子の顔の前に勃起したものを差し出しました。
「はい、だから」
奥を突かれると痛くて、私は夫とのセックスがどうしても好きになれませんでした。
毎回、接待の最後はこれである。
私はその時が初めてだとは思えないほど先生の突き入れに反応して、身悶えるばかりでした。
加奈子への責めについて、自分では、愛情あるいたぶりと呼んでいます。
その甲斐あってか私は元気を取り戻し、無事、退院した。
私は自分の居場所を失ってしまったような虚脱感に襲われていました。
しかしその一方では「このままだとヨガリ声を上げてしまう」と恐怖にかられ、侮しまぎれに年増ホテトル嬢の腰を手前に引き寄せて尻の割れ目をパックリと掻き分けました。
私をマットの上に寝かせ、私の上に彼が被さってきた時には、彼の肉茎の先はすでに私の裂け目に触れていました。
「うう、あああ…」
唇を割って舌先をねじ込んだ。
このショックは大きかった。
照維は体が小柄なわりにはチンチンがでかく、深く差し込まれると喉が塞がれました。
だが、これも何かの縁だと思い、わたしは承諾する。
とくに、こちらにサドの心理が働くともういけません。
「お前、オ×コのたんびに寝小便するっと? ソリヤ本当かい?」
事情がありそうで、深く訊くのはよした。
その意味は自分の下腹部がすぐに教えてくれました。
と続けた。
いくら酔っていたとはいえ、良心の呵責に苛まれないはずもありませんでした。
「臭いだろ? 美人ヅラしてたって、ケツ穴の奥にゃクソが充満してるってわけだ……」
「あにやんには、ちと目の毒やなぁ」
半多氏はさっさと私を裸に剥くと、洗面器を差し出してきた。
舌に舌を絡ませ強く吸うと、彼女がナヨッともたれかかってきたのです。
「やっぱり……佳代子さんは、虐められるともっと感じるんだよ……」
そう考えた私は趣味を持つことにした。
「一人で飯食っても味気がないんで、少しあがっていきませんか」
奥さんは二回りも歳の離れた夫と子供もなく暮していたが、昨年死に別れて未亡人になったとのこと……。
延長したっていい。

E-BODY高画質セックス4時間2

サンプル動画