巨乳・爆乳 正常位の乳揺れ

タイトル: 巨乳・爆乳 正常位の乳揺れ
キーワード: 女子校生、看護婦・ナース、巨乳フェチ、巨乳
女優: 鈴花、逢沢なお、乙宮ゆう、宝生優果、鈴香音色、伊東このみ、櫻庭茜、星野あや、武田もも、永峰朋美
メーカー: ex
レーベル: BoinBB

ネットの口コミ

「分かった分かった」
しかし、じつは私が思い悩むことはなにもなかったのです。
「義一にはせめて学問をつけさせてやりたい」
太腿を触られるとすぐ濡れてくるという女がいました。
私は心の中でガッツポーズを取りながら定子を連れ、玄関をくぐり、部屋を選んでエレベーターに乗る。
でも、ゴルフは月に一度くらい。
どういう女が来るか、きちんとこの目で確かめるのだ。
先生のことを思うと、いつになく私のクリトリスはピクビクと敏感に反応して、あそこが熱く濡れてきます。
口から出るのは切ないまでの熱い吐息ばかりでした。
とはいえ、命の灯火すら今にも消えそうな状態。
お姑さんとの仲も、同居でないためそれなりに上手くいっていました。
もう「女に愛撫されてヨガルなんて男の沽券にかかわる」などという野暮な考えは起こさないことにしました。
「一人の男性では満足できないタチみたいなの」
それにもかまわず、力いっぱい突き上げていきました。
俺は息を荒げて床に腰を落とす。
遠目には今も美しいが、近くに寄ると目尻のシワや首のシワが目立った。
彼はいつもひとりでやってきて、新聞を読みながらゆっくりコーヒーを飲んだり、食事をしたり、時にはビールを注文することもありました。
「あの……」
いつもどおり、オッパイに吸い付き、秘裂をさぐりながら、反応を見るのですが、個室と違ってよがり声がいまいちで最後まで行かすのは無理だと諦めて、ズボンだけを下げて、チ×ポを咥えてもらいました。
「フンフン、ハーハ一」息を弾ませ、腰を突き上げながら、
「そ、そんなことを……」
戸建の分譲住宅が何戸建つかしらと思うほど広々した敷地に、住み込みのお手伝いさんがいるほどの大邸宅。
入れ替わって私がシャワーを浴びる。
発情を重ねてツンツンに尖りきったそこを、舌は執拗に吸いつづけたのです。
もう手の形なんか判別できないほど、あちこちが真っ赤に腫れ上がりるほど叩きますが、そのたびに彼女が口を半開きにしてよがるのです。
毎年、夏が終わると客も減って暇になるので。
びちゅぴちゅ。
そのときに腰をゴシゴシよじりつけてきますので、チ×ポがオマxコに潜りそうになってしまいます。
信じられない気持ちで一杯でしたが、甘美な快感にあがなうことができず、いくえにも覆っていく悦楽の波に逆らえないのです。
「よかったら、二人でどこかに行きません? ここは何だか息苦しくて。あれを見てると」
何度かお茶飲みに来た時から見ていたブランデーをご主人が私の為にグラスに注いでくれました。
とか、
私が最後に携わったのは、朝鮮半島で戦死してひとまず日本に送られて来る米軍将兵の死体の処置だった。

巨乳・爆乳 正常位の乳揺れ

サンプル動画