体中で飲み干す!3穴ごっくん!中出し28発・アナル29発・ごっくん30発

タイトル: 体中で飲み干す!3穴ごっくん!中出し28発・アナル29発・ごっくん30発
キーワード: ベスト・総集編、アナル、美少女、中出し、ごっくん、デジモ、独占配信
女優: つぼみ、さとう遥希、羽月希、水城奈緒、大沢美加、管野しずか、柊ちさと、鈴音りおな、JULIA、椎名みくる
メーカー: エムズビデオグループ
レーベル: M’s video Group

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
おそらくそれなりの恋愛悲劇があったのでしょうが、遠い仙台のことですから、私や弟がそれをまわりから伝え聞く機会もなく、本人もついに語ろうとはしませんでした。
「ここって、女の人のアソコでしょ?」
裸になった里子は「恥ずかしいわ」と言ったが、必要以上に隠そうとはしませんでした。
その心地よさを持続させるため、もっと強烈な刺激を求め、ついつい手のひらの力が強くなる。
私は、嬉しいような、驚くような。
「チェンジだ」
「ああ、先生……もっとして……」
私が決断すれば、いつでも堰が切れる状況だったからです。
「も、もう、終わりかな……」
私は、そうやって見知らぬ男性とホテルでセックスをすることによって、自分が女であることを確認していたのです。
豊満な尻を揺すって年増ホテトル嬢が悶えます。
いつもは
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
俺はボールを見る振りをして、葉月の後から覆い被さった。
二人は、もうただの関係ではないというのである。
と思うと、チンチンを舐める舌の動きにもいっそう熱が入り、その日は普段にも増して激しく燃えました。
でも、それが恋愛へと発展したら、我慢出来るものも我慢出来なくなるはずです。
再訪を約束して、一週間後に指名して遊びました。
「やだ、おら……やンだ!」
もう一度、一言ってみる。
あれは冬のコートを出そうかと迷うような晩秋の寒い雨の日でした。
ベッドの上でぐったりしている二人。
おとなしくしていることなど、とても不可能でした。
全員が互いに気心の知れた三十代半ば。
枕元の小さな電気スタンドの明かりに、形のいいお尻が映えて、赤い筋の走ったような谷間と菊の蕾、そして剛毛に縁取られた陰唇が濡れ光っているのが見えたのです。
初めての時、注文とはまるで違うぶさ男を寄こしたのも、小遣いをもらったらと勧めてきたのも、私を見くびってのことだったに違いない。
「ああーん、いい一っ」
愛撫の最中に、浴衣姿の私の耳を甘噛みしながら、吉崎さんが囁きました。
「私みたいな女でよろしいの?」
もう殆ど夫婦生活もなくなっていた私は、自分の体が久し振りに人の手で弄られる感触に反応してしまい、理性よりも相手の指の動きしか感じられなくなってしまったのです。
「ああン、いじわる。ウンコの出る穴に挿れて下さいぃ……」
「どうなさる?」

体中で飲み干す!3穴ごっくん!中出し28発・アナル29発・ごっくん30発

サンプル動画