復活 JULIA

タイトル: 復活 JULIA
キーワード: デジモ、巨乳フェチ、スレンダー、巨乳、単体作品、ハイビジョン、独占配信
女優: JULIA
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ DIVA

ネットの口コミ

その日の陶芸教室が終わり、粧車場で車に乗ろうとしたところで綾子さんから呼び止められたのが始まりでした。
「俺、圭子と結婚するよ」
帰省できないハンディを巧みに武器に変え、大家さんの仏心をくすぐったのです。
この太腿に頬ずりしたくて俺は、この女と五年間付き合ってきたのかもしれないと思いました。
私はもっと、定子の肢体を楽しみたかった。
若い頃から今で言う「イケメン」な夫、それに引き替え、チビであか抜けない私。
感じやすそうな薄ピンク色の柔らかそうな耳だ。
私が声をかけると、
コンパの流れで、学生たちが歌舞伎町へ繰り出すかもしれません。
あてがわれたのは二十代半ばほどの、目のクリッとしたかわいい女だった。
こんな私でも女なんだ……。
嘘ではなさそうでした。
「汚れると困るでしょう?」
今考えてみれば、その時私は完全にケダモノになっていたのだと思います。
彼女は、まさかと言う顔付きで振り返る。
「愛してるから汚くはないんだよ!」
「髪も素敵じやないか」
女将はわたしの手を取って、着物の襟元から胸乳に誘う。
終わると娘は、こちらが小金持ちの年金ジジイと見たのか、やたら愛想がいいのです。
「どうした、未だ出ねえか?」
「でも、暴れたら?」
人からは、美人だとか、若く見えるだとか、おだてられることもたまにはありますが、それでももう実際は三十代も後半で中年に差し掛かっている私です。
千葉氏が夫人の口に黒光りした半立ちの肉棒を押入れる。
いったい、どうしたら……。
実は、あのツアー以来、女性客の添乗員を外されてしまったんです。
なんだかまだ夢の続きを見ているような気持ちでした。
「えっ、そうなの? いくらぐらい?」
「いま、お風呂にお湯を張りますからね。十五分ほどで入れると思いますよ。それから浴衣はここにあります」
もう、私、耐えられなくなって、
時折乱れた裾から脹脛が覗いたり、襟足の項が垣間見えたときなどドキドキするほどの興奮を覚えてしまう。
私はお隣のご主人の浮気現場を突き止めてしまった興奮で、さっきまで観ていたつまらないテレビドラマよりこの事実にワクワクしてしまいました。
そしてワレメからは粘っこい液がだらしなく滴り、
エクスタシーを迎えたらしい。

復活 JULIA

サンプル動画