乳イカせ 突然犯されてもイッちゃう敏感おっぱい JULIA

タイトル: 乳イカせ 突然犯されてもイッちゃう敏感おっぱい JULIA
キーワード: パイズリ、巨乳フェチ、巨乳、独占配信、3P・4P、ハイビジョン、単体作品
女優: JULIA
メーカー: OPPAI
レーベル: OPPAI

ネットの口コミ

「はあ?」
「もう、出てしまう……」
反撃するように男根をしゃぷられると私も情けないほどうわずった声を上げて仰け反り、二人のヨガリ声が部屋の中で何度も交錯しました。
「ああだめ、そんなこと……」
腰は緩やかに締まり、ヒップは形よく張り出し、太腿もちょうどいい加減にムッチリと実っている。
見た目とは裏腹に、渡辺さんはとてもゴルフが上手。

「先生ッ!」
「先生、わたし、誘われるままについてきてしまい、軽率だって思われて:…でも、どうか、わたしのこと嫌いにならないでください」
「じゃあ」
夫の両親との同居は、夫の両親がまだまだ現役で働いていたこともあって、今すぐに同居するのではなく、もっと先になってからということになりました。
暗褐色のケツメドとぷつくり膨らんだドテ肉がモロ見えになったんですわ。
せっかくいい雰囲気になってきたところなのに…。
その時、私のなかでは道徳心と性欲が懸命に戦っていました。
「そんな嫌らしい触り方しないで下さい」
こう私から切り出すと、彼女もまた、行きたいわ」
やがて彼はそんなふうに、私に親しげに声をかけてくるようになりました。
最初はそんな女ではなかった。
エロい雰断気が感じられません。
さらに奥までヌラヌラ押し込むと
「もう、田舎へ帰ろうかと思うの」
私はそこで気持ちを固めて、数日後、ついに貫井氏と愛人契約を果たず為にラブホテルに行ってしまったのでした。
その言葉通り、夫人が浴室から全裸で出て来ると、私の半立ちの肉棒を見て、
(あのふたりに負けるもんですか。私だって、もっともっと快くなってやる!)
もしこんなところを他の参加者に見られたりしたら大変です。
「ああっ、ええっ、ええわぁ」
洗い流しても洗い流しても、愛液が噴き出してきて止まらないのだ。
布団の中でも彼女は腰を振って私を求めています。
「どう? いつもよりずっと感じてるんだろう? 今度はどうして欲しい?」
花を愛でる気など毛頭なく、D爺さんは相変わらず婦人にべったりだし、他の連中も何かにつけて近寄っていく。
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
「お仕置してあげる」
私の肉根がめりこむと、グジュグジュグジュとかすかながらも卑狼な音をたて、その音につられて私は女の裸身をあらんかぎりの力で掻き抱かずにはいられなかった。

乳イカせ 突然犯されてもイッちゃう敏感おっぱい JULIA

サンプル動画