1年365通りの日替わりフェラチオ 16時間

タイトル: 1年365通りの日替わりフェラチオ 16時間
キーワード: 独占配信、デジモ、4時間以上作品、ベスト・総集編、手コキ、痴女、フェラ
女優: 星野あかり、西野翔、乃々果花、ももかさくら、優希まこと、秋野千尋、石原あおい、木原ともか、西尾かおり、西山香菜
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
われめの中心に指を入れてゆくと、湿った音が弾け、周囲のやわらかくざらついた壁がきゅうんと収縮して指にからみついてきました。
濡れ谷間をいじり回しているうちに私の中に猛烈に湧いてきたのは「匂いを嗅ぎたい」という思いでした。
子供は大学生と高校生だから、手はかからない。
「仕方ないなぁ」
私は、はい、と答え、立ち上がりました。
女は荒い息をしながら、私に凭れかかってきた。
松山先生が教会で結婚式を挙げる日は日曜日でしたので、担任のクラスの生徒や先生が顧問をしている部活の生徒たちが、先生の結婚式を見に行くというので、私も行くことにしました。
彼女は、驚くほどウブで素直な性格の女性なのです。
それでも私はめげない。
三年が過ぎた頃には、優しかったお姑さんも、私が妊娠しないことに嫌みを言うようになってきたのです。
七十年も生きてきてどうしてそこに気づかなかったのかと、いたずらに重ねてきた歳月を悔やむほどでした。
運を天に任せて、その日、私は彼の家を訪ねたのでした。
猛烈な悪臭が漂ってきました。
やっぱり彼女の尻の動きが一番いい。
 ふるさとの遠い夢の日
彼は人並み以上に性欲が強く、とくに仕事を終えて明け方に帰ってきたときは、激しく私を求めました。
しかし、残念なことに私は悪臭であるとか、汚物に対しては異常なまでに潔癖で、いかに女が淫猥にオナニーに耽っていても、それでどうこうしようという気にはなれないのである。
電車を乗り継いで、お目当ての店に出かけました。
ぜいぜい息を切らして催捉すると、
「でも、裏目にでたら?」
私はこの貫井夫妻が苦手でした。
「う~むっ……相変わらず上手いもんだ」
私は頭を真っ白にして、西島を尺八しつづけたのです。
「ねえねえ添乗員さーん、前の列にばっかりサービスしてないで、こっちに来て一緒に飲みましょうよお。あたしたち、アソコが疼いちゃって待ってられないのよお」
桃太郎は悶え、あえぎ、尻を臼を引くように動かし続けました。
「そろそろ脱ぎましょうか。こんなに濡れてちゃ気持ちが悪いでしょう」
(もう少し待てよ)
吉崎さんが、私のお尻の穴に、ぬるぬるとしたオイルのようなものを塗り付けて、もみほぐしているのです。
Kさんはいいながら私の側に近寄ってきていった。
子供たちがいるうちは、私のように平凡な女は、家に入り家族に尽くすことが主人と子供の幸せに繋がるのだと信じてやってきました。
「何だかわたしの方が疼いてきちゃったわ。わたしにもやってよ」
そう言って、私の手を緊く握り返してきた。

1年365通りの日替わりフェラチオ 16時間

サンプル動画