揉み4時間50人

タイトル: 揉み4時間50人
キーワード: 巨乳、巨乳フェチ、4時間以上作品
女優: JULIA、小倉ゆず、長谷川杏実、小泉あずさ、小出遥、前田優希、桜木なち、大沢かえで、かえでみく、平山薫
メーカー: ex
レーベル: BoinBB

ネットの口コミ

彼女とはすでに接吻まで交わしていて、今度会う時はたぶんアレにまで発展するであろう相手でした。
弟はなにか勘違いしている。
ドアに鍵が掛けられていたからです。
だからそのけっこう肉厚の二枚の肉壁のあわびを、ていねいにていねいに舐め啜ってやりました。
今にも倒れそうな表情で定子は言う。
そして、私の中に渡辺さんのペニスが沈んでいきました。
妻は、昼間のことなど何も無かったかのように振舞っている。
この一年間、先生への憧れの思いが、いつしか、先生との結婚を夢見るようにまでなっていましたが、そんな私の独りよがりの妄想は、厳しい現実の前では、どうすることもできなかったのです。
加奈子は、なんの抵抗もなくホテルまでついてきたことに後ろめたくてたまらなかったようです。
しばらくは我慢していた。
その後、夫の実家に報告に行くと、お姑さんは半狂乱になって嘆きました。
射精寸前まで来てましたがら対処法を聞きたかったのです。
「始めは少し冷たいけど、すぐに温まってきますからね……」
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
彼女はうれしい言葉を小声で言ってくれた。
「だって女の子が大学へ行くのは家族が反対するんだもの」
職場はホテル内のティールームでした。
そして、わたしの頬に手を添えると、顔を近付けてくる。
エロい雰断気が感じられません。
糸子も飛び立つ思いで親娘程齢の違った藤右衛門にしがみついて行ったのであった。
ともあれ、初めて来た店だし、ママさんとも初対面なのだ。
夫の実家に行くのが面倒になると、夫から姑に私が体調を崩しでいると嘘をついて貰えたりと、私にとって夫の優しさは好都合でした。
と、目の前に「牡蝋のムキ身」に似た淫肉がせり出してきた。
怒りに駆られ常軌を逸していたとはいえ、この私が浮気をするなんて思ってもみませんでした。
「いかがです?十分に楽しんでいただけてます?」
「肌が白い分、目立つんよ」
ふと思い至った瞬間、
「いま、お風呂にお湯を張りますからね。十五分ほどで入れると思いますよ。それから浴衣はここにあります」
腰を突き入れられるごとに、狂おしい気持ちが自分でも恐ろしいほど高まっていくのがわかります。
とはいえ、仕事一筋で生きてきたこれまで暇ができればパチンコに行くか酒を飲むくらいのものだったからいざ何かをはじめようとしてもさっぱり思い浮かぱない。
今どきの若い娘が履くようなヒールが高く足をつっかけるだけのミュールというんでしょうか。
何と言っても俺のクビがかかっているのだからしかたない。
私は私で、幸恵の肉体の魅力にだけは取り憑かれてしまっていて、断ち切ろうとする気持ちは湧いてはこない。

揉み4時間50人

サンプル動画