超絶品極太ディープスロート ~自ら喉奥までクワえる女~ JULIA

タイトル: 超絶品極太ディープスロート ~自ら喉奥までクワえる女~ JULIA
キーワード: 痴女、ハイビジョン、独占配信、デジモ、フェラ、単体作品、巨乳、DVDトースター
女優: JULIA
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ ES

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
美しすぎるためにわがままになれなくて、いつも何かに流されて生きてきた。
ダメで元々の気分でスカートの中にモゾモゾと手を差し込んだのです。
あとで聞いたところによると、亭主のちんちんはなかなかちゃんとした固さにならなくて、それがなんだか空しく、そのうち咥えるのがいやになってきたのだとか。
露出したのは地味な性格には似合わない、ゴージャスな肉体だった。
「スイング自体は悪くないですよ。
私は汗ぱんだ手でドアノブを掴み、恐る恐るドアを閖けた。
「そうかぁ、それは良かったな。あそこの大学は、うちからは毎年、一人か二人くらいしか受からないところだからなあ。よく頑張ったな」
一つ間違えば、生徒と深い仲になり、にっちもさっちもいかなくなる教師は結構います。
「私で元気になってくれるのなら」
私は、次第に精神的に追いつめられるようになっていきました。
目を見張りました。
ご自慢のヴィンテージ物の深い味わいにこれまた感銘を受けて、家を出る時の用心もついつい消し飛んでしまうほどワインを流し込んでしまった私。
「どうして大学にこないんだ?僕は心配でしょうがないんだよ」
「夜間手当が付くし、ストレスを溜めた人妻が大勢来るんだぞ」
「わーい、嬉しいな」
身に着けたセーターやシャツも、元町で売っているような高級品でした。
彼女もわたしを受け入れてくれ、何十年ぶりに女の柔肌を堪能したのだった。
しかし、個室と違って適度に気が散るせいか発射までの時間がコントロールできるので、なかなかその気にならず、いくらでも舐め続けさせることができます。
「オ×コするたびに小便が……」
「お仕事で?」
夫のある身でそこまでしてしまっていいのか一瞬戸惑いましだが、その時は体がおかしくなりかけてて、私ったらお金よりも男の体への飢えが切実で、その場で契約に応じてしまいました。
その顛末を井田氏に話すと、
(とんだことになってしまったわ。この私が、ウチの人以外の男と…)
「痛いわよ。でも、だからいいのよ」
吹田の千里丘陵に広がる万博は、それは壮大で活気にあふれた現場でした。
なんだ、うちと同じじゃないの。
「女とイッパツやりてえな。おれ、昨夜豆腐屋のおばちゃんにやらせてもらった夢みちゃってよお。目を覚ましたら、パンツの中に漏らしちゃってた」
その息さえも、快感を掻き立てて、肌に浸透していくような感触が。
それをいいことに、私たちは差し向かいで冷蔵庫からビールを取り出して飲んでいた。
仲のいい奥さんの味方でいたつもりでしたから、何か証拠があればそれを押さえてやろうという気持ちもあったのは本当です。
ギンギンに締めつけてくる奥さん、指より太いものを挿れられ、最初は痛がっていたが、徐々に慣れてくるとやはりおまxこよりも気持ちいいらしく、一突きごとに髪をふって甲高くよがる。
(私は生涯、日陰の存在でもかまわない。あなたの奥さんにしてくれとも望まないし、また、なれるはずもない。だから、このままずっと可愛がってください)

超絶品極太ディープスロート ~自ら喉奥までクワえる女~ JULIA

サンプル動画