Boin「JULIA」Box JULIA

タイトル: Boin「JULIA」Box JULIA
キーワード: パイズリ、手コキ、騎乗位、巨乳フェチ、巨乳、DVDトースター、単体作品
女優: JULIA
メーカー: ABC/妄想族
レーベル: BoinBB/ABC

ネットの口コミ

教室を終えて駐車場に向かう私を呼び止めたのは、なんと智子さん。
そして朝食を食べる私のむかいがわに座り、
六年前に病死したというご主人は建築会社を経営していたそうで、ご主人亡き後、会社の資産を売り払ってアパート経営を始めたとのこと。
自由な時間はいくらでもある。
そんな風にも考えた。
そんな時、友人とゴルフに出かけたはずの夫が、駅前で女性を車から降ろすところを目撃してしまったのです。
妻は私を拒んでいる。
まだほとんど濡れていない私のあそこに、彼はすぐに自分のイチモツを押しあててきて、一生懸命中に入れようとしましたが、彼の狙っているところは、少し場所が違っていました。
生来、私は意地悪が好きなのです。
「食べなきゃダメですよ」
検査結果は、二人で聞きに行きました。
カミさんにだって尺八なんかしてもらった経験はなかったから、イチモツをチュルチュルしゃぷられるとムズ痒い快感が湧いてきて、つい声が出そうになる。
そんなことを何回か繰り返しながらとうとう六十を越してしまいました。
恥ずかしいと言いながらも、感じているに違いありません。
突然、葉月は明るい声を上げた。
そしてしばらくは、ハァーハァーと二人共肩で息をしていたが、ゴロンと床へ伏してもいつまでも呼吸がおさまらなかった。
私は夢見心地で頷きました。
あんな女を私は過去に見たことがありません。
「ここが、どういうお店か、ご存知ですよね」
真事この世は棄てる神あれば袷う神あり…あんなすごい名器を持つ嫁を追い出した伝吉に較べ、それを拾った藤右衛門のそれからは至って仕合わせな毎日だったということである。
近郷では、奇習として知られていた。
お尻の穴と口の中に同時に夫妻から放尿され、便器奴隷にされても私は夫に知られたくない一心で耐えるしかないのでした。
モテるはずもない身。
私と夫が、ともに四十代に差し掛かった頃の話です。
もう限界でした。
それよりも旅館の裏の増水した川の音がかなり大きくなっていました。
「もちろんですわ」
乳房が半分ほどシュミーズから顔を出しています。
そんな交流の中で、何人かボーイフレンドめいた方もできました。
私は年甲斐もなく胸がドキドキし、そして誘われるままに宿に戻った。
仲のいい奥さんの味方でいたつもりでしたから、何か証拠があればそれを押さえてやろうという気持ちもあったのは本当です。
「わたしがここの主人ですのよ」
華著な体つきのわりには逞しさを感じさせる肉づきのよさだった。

Boin「JULIA」Box JULIA

サンプル動画