ムッチリボディが激しく揺れる射精寸前のガン突き124連発8時間

タイトル: ムッチリボディが激しく揺れる射精寸前のガン突き124連発8時間
キーワード: ベスト・総集編、巨乳、尻フェチ、羞恥、巨乳フェチ、デジモ、独占配信
女優: 成瀬心美、さとう遥希、仁科百華、JULIA、小泉麻由、葉月奈穂、小川あさ美、青木りん、青山菜々、村上涼子
メーカー: Fitch
レーベル: Fitch

ネットの口コミ

「まあまあ、そう怒るなよ。僕が愛してるのはキミだけなんだよ」
そして二十五歳の弟は家業の造り酒屋や林業の経営に参加していましたが、そのまま父のあとを継いで主人におさまるには、まだまだ役不足でした。
「じゃ、女の大切なお豆を教えて上げる。ビラビラ肉の合わせ目を捲ってごらんなさい」「ここ? こお?」
それは、いまの彼女と別れたときです。
私は驚いて問い返す。
いくら好きな人とでも、痛いものは痛いでしょうから。
女の手が、私のペニスを優しく揉んでいる。
と、いつになく強い調子で言って、しきりに私の中に入れようとしますが、なかなか入りません。
「あ~ッ、わたし……」湿った声が闇の中を這います。
看護婦は感じるのか、瞳を閉じて唇を半開きにする。
夫も子供を望んでいたので、夫の心の中に苛立ちを感じてしまうことがあり、離婚まで考えるようになっていました。
冒頭にも書きましたように若い頃からセンズリといえばチxボコ一辺倒で、ケツメドをいじるなんてことは考えもしませんでしたから、あの快感はまさにカルチャーショックでした。
と、私は答えることにしておりました。
言うまでもなく、すべて私のせいです。
「どれどれ、どこかな?」
♪庭の千草も
照雄はその場で任意同行を求められて警察署に連行され、やがて私も署に呼ばれて事情聴取を受けました。
仕方なく俺は、薄い闇の中で女を見る。
「ここが、どういうお店か、ご存知ですよね」
ぜいぜい息を切らして催捉すると、
指を突っ込むと、ぐちょぐちょに潤っている。
「ひっ、ち、違うわっ…。ああっ、そこは駄目!嫌っ。ああっー駄目えっ、挿れないで…っ。ああっ……ひいっ、抜いてっ」
露骨な言葉を口にする。
ですから、私のご機嫌を取ることなど朝飯まえだったにちがいありません。
「早く、早くう!」
男客が私一人というのは大袈裟ですが、それでも若い男は私のほかは見当たらず、混浴の露天風呂では、何度か顔を赤くして、逃げるように出た覚えがありました。
お尻の谷間に潜り込んだ大きな獅子鼻が尾骨に当たると、
私は思わず愛子を呆然と見詰めていました。
私より五歳年上の夫とは見合い結婚で、生活こそ人様の水準以上の営みをさせてはくれましたが、夫婦生活は四十代以降、ないも同然でした。
「よかったら、二人でどこかに行きません? ここは何だか息苦しくて。あれを見てると」
グッグッと中を掻き毟るように動かれると、覆い被さる逞しい背中にしがみつき、私は主人にも聞かせたことのない淫らな声を張り上げてしまいました。
「もうだめ」
いや、そう考える以外に理由はみつけられない。

ムッチリボディが激しく揺れる射精寸前のガン突き124連発8時間

サンプル動画