幻母 実は僕、母さんのおっぱい見るふりしてアナルばかり見てました。 JULIA

タイトル: 幻母 実は僕、母さんのおっぱい見るふりしてアナルばかり見てました。 JULIA
キーワード: 熟女、お母さん、人妻、巨乳、近親相姦、単体作品
女優: JULIA
メーカー: VENUS
レーベル: 女神(ヴィーナス)

ネットの口コミ


そのとき私は、相手が血を分けた弟だからというせいばかりでもなぐ、不思議に悔しいという敗北感はありませんでした。
「は、はい」
ただもう、喜ばせたいだけだし、慰めてあげたいだけです。
その日のうちに約束を交わし、水曜日の午後、待ち合わせをすることになった。
それを渡辺さんから、大好きだ、と言われるなんて。
「アヒーッ、イクー」
家に帰っても、
処女を卒業した加奈子には、女としての自信がついたような印象が強く凄むようになってきました。
入院しているとき、私の世話をしてくれたのは若い看議婦だった。
石女。
恥を承知で間きました。
ええ、そうです。
麻美は弱々しい声を上げるのがやっと。
「あ~ん、ごめんなさい。また私のせいで、ボールが飛んで来ちゃって!」
その頃、学校で私と美登利のことが噂になっていた。
ロビーの続きにあるティールームは、飲み物の他に軽食も出していて、毎日大勢の客がきました。
と返事が来る。
この店のホームページを調べて見ると、他にも二十歳前後の若い娘がそれなりにそろっています。
素旱く着物を脱ぎ棄て褌も取った。
世間は、不景気風で、ことに水商売は散々たるものだ。
もっと強く吸ってとか、舌をもっと動かせとか、屈辱的な指示までされても私は言われた通りにおしゃぶりしました。
私は堪らず、
私のどこをどう刺激すれば、狂喜乱舞するか熟知していたのです。
勃起して先走り液で先端がヌルヌルになった肉根に、彼女の手がオズオズと触れてきます。
絶頂を迎えるのにそれほど時間はかかりませんでした。
「女性の背中はね、とても感じる場所なんですよ」
「それ、本気にしてもいいんね」
「どうだい? いつもと全然違うんじやないのかい?」
「あら、お優しいのね。ふふふ」
「玄関からお帰りになる女性の後ろ姿を見た」
俺は勝ち誇って不敵に笑うと、糞まみれになることを覚悟し、肛門の皺を押し割って、挿入を果たした。
やがて、その口から

幻母 実は僕、母さんのおっぱい見るふりしてアナルばかり見てました。 JULIA

サンプル動画