JULIAが自宅に押しかけSEXしまくり

タイトル: JULIAが自宅に押しかけSEXしまくり
キーワード: DVDトースター、巨乳、独占配信、デジモ、パイズリ、騎乗位、ハイビジョン、単体作品
女優: JULIA
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ ACID

ネットの口コミ

世話焼きの喜美恵さん、そして今度は智子さんの登場と、私のモテモテぶりは止まるところを知らない感じでした。
「もう、出てしまう……」
柔らかくて、つきたての餅のようでした。
前の彼女よりずっと生々しい体をしていることを、あらためて感じました。
私は驚いて問い返す。
それは渡辺さんの行動の様々な場面で感じられることでした。
形の良い唇も緩んで半開きになってきた。
クリトリスを刺激されながら、そう言って先生に耳元で囁かれると、私のあそこはキュンと感じて、全身に痺れるように快美な電気が走り抜けるのでした。

何度か危ない時期もあったが、どうにかこうにか倒産もせず、今に到っている。
何度か、人工授精のことも考えましたが、費用やリスクのこともあり、子供はきっぱりと諦めたのです。
仰け反った彼女にSMじみた快感を覚えて小生は激しく抜き差しさせました。
アルコールにセックスは付き物。
紙をまとめた私は、羞恥に体を霞わせている麻美の肛門にそれをあてがいました。
初日のレッスンは、コーチが一列に並ぶ受講生に球出しをするステップから始まった。
こんな大都会で、上手に学生生活を送れるのだろうかと不安でならなかった。
仕事に慣れてくるにつれ、私は何人かの常連客と顔馴染みになりました。
そして、わたしの頬に手を添えると、顔を近付けてくる。
大人のオモチャでも使って悪戯して泣かして遊びたいところですが、個室ではないので大人しぐ抱いたり吸ったりしながら、隣のボックスをそれとなく覗いて楽しんできました。娘は、こちらの半立ちのフニャマラを一生懸命に舐め上げてくれます。
「ハイ……大旦那さん……相談って?」
「きっと、そのお爺さんのおかげネ。わたしは、あのときから変わったと思う」
戸建の分譲住宅が何戸建つかしらと思うほど広々した敷地に、住み込みのお手伝いさんがいるほどの大邸宅。
私の肉棒は肉壷の中で押圧され、厚地のコンドームを被せられた上から愛撫されているようで、妙な気分だった。
私の怒りとショックが頂点に達したのは、言うまでもありません。

私は夢中で尻を撫でさすり、腰を引き寄せ、いきなり割れ目に唇を押しつけました。
やっぱり、あれは律子さんだったのだ。
もうとっくにブラジャーをつける年齢なのに、彼女はつけていませんでした。
それなのに、腰が欲しがるようにくなくなと捩れてしまうのです。
私は微かな憐憫を覚え、そして多少の酔いも手伝いこういってしまった。
おかげで、我が家はとうとう自分の家を持つこともなく、結婚当時から同じ団地に住み続けています。
それに顔だって自慢じゃないがかなりもてるほうだ。
私が内太腿の奥深くに差し入れた手の指の先でオマ×コの割れ目を探ると、幸恵は淫情を燃えたぎらせて生温かいぬらめきに溢れた淫液を垂れ流している。

JULIAが自宅に押しかけSEXしまくり

サンプル動画