湯けむり近親相姦 母子入浴交尾 総集編 4時間

タイトル: 湯けむり近親相姦 母子入浴交尾 総集編 4時間
キーワード: ベスト・総集編、熟女、人妻、巨乳、近親相姦
女優: JULIA、北条麻妃、彼方まりあ、長谷川美紅、橘慶子、石原こと、中森玲子、柳田やよい、村上涼子、松すみれ
メーカー: VENUS
レーベル: 女神(ヴィーナス)

ネットの口コミ

世話女房よろしく色っぽい声で私の肩を小突く喜美恵さん。
「そんなこと言うなよ。俺ひとりじゃあ、手がまわらないところもあるのだから」
「俺だ。松岡だ!」
そして里子もまた、そういう女だったのです。
手間が省ける。
「痛っ!」
私が知らぬうちに、名刺を渡されたのだろうか。
と答えると、
私は鬼になってみせました。
「じゃ、じゃあ……」
ところが、やはり長男の嫁として一日も早く孫の顔を見せて欲しいと、顔を合わすたびに言われていました。
なんと手を小生の尻に伸ばしてケツメドに指をヌッポリと突き立てたのです。
毎日とはいかないまでも、二日もご無沙汰していると気もそぞろになってくるほど、セックスなしではいられない体だったと自分で気付いたのは結婚してからのこと。
その日の夕方、大学の講義を終えた私は麻美の家に向かいました。
恥じらう仕草がより一層攻めたくなった。
そして、いつしか彼女の体に触れようとしなくなっていた。
本当は毎日でも抱かれたいくらいでした。
驚いて見つめ返すと、女はわたしの手を取って立ち上がる。
どうやら、ドライオルガスムスの実践方法について、試供品を提供する会社の人間と実際にそれを試すことになったタレントの間で、話が盛り上がっているようでした。
「後ろ取りとは風流よな、そうか、伝吉の奴、こんな手迄お前に仕込んどったのかい」
このまま何をされても、逆らいそうになかった。
私の父は公務員で、中流ながらもお金の心配を親が口にすることもない家庭で育ちましたが、さすがに会社経営をしている夫の実家とは経済力の差を感じます。
「アナルに射精するなんてことはしないよ、あれも遊びの内のサービスさ。キミもまだだろう?」
「子供たちはもう寝たか?、なあ、今夜いいだろう、江利子」
「おら、ケツを振れ。もっとヨガッてみろ」
熟柿のような匂いを口からさせて、その白い太ももを擦り寄せて、自分から子供がいるだの、亭主とは死に別れただのと身の上を語りました。
時間はまだ大丈夫よね。
「女とイッパツやりてえな。おれ、昨夜豆腐屋のおばちゃんにやらせてもらった夢みちゃってよお。目を覚ましたら、パンツの中に漏らしちゃってた」
私もその例に漏れず、新たな出会いを求めて様々な趣味の会やカルチャーセンター、シニアの親睦会に顔をだすようになったのです。
そんなとき、市の広報に公民館活動の案内があって俳句会の募集案内が載っていた。
今度は私の方が一瞬面食らってしまったのですが、好奇心には勝てませんでした。
それが結果的には良かった。
そうした女に不自由のない私が、赤線で娼婦を買うことに思い至ったのが昭和二十七年頃だったのである。

湯けむり近親相姦 母子入浴交尾 総集編 4時間

サンプル動画