私、実は夫の上司に犯され続けてます… JULIA

タイトル: 私、実は夫の上司に犯され続けてます… JULIA
キーワード: DVDトースター、ハイビジョン、独占配信、寝取り・寝取られ、単体作品、人妻
女優: JULIA
メーカー: 溜池ゴロー
レーベル: 溜池ゴロー

ネットの口コミ

「はあ?」
圭子が、かすれた声で言いました。
大家さんがトイレに向かうとすかさず後を追って排尿姿を鑑賞する……といった具合で、亭主気取りのヒモのような暮らしになっていました。
そこで私は、里子の手をとってペニスから離すようにさせました。
「いい、いい、気持ちいい。すごい、やん、もっと、もっとお」
それは渡辺さんの行動の様々な場面で感じられることでした。
女たちを見送った後で宴会の清算のためにロビーに向かうと、部長がソファーにふんぞり返り、ご機嫌で待っていた。
割れ目に顔を覗かせるクリトリスに指先がちょっと触れただけで、たちまちジーンと痺れるような甘い快美が太腿の内側を伝って足の親指の先の方に抜けていきます。
と、この場のことはすべて彼女の希望から生まれたように仕向けたのです。
「え?」
石女。
恥を承知で間きました。
この答えならば、更なる追求も受けまいというのは表向きのこと。
明るい声とともに、エプロン姿の麻美が玄関に現れました。
葉月の甘えるような笑顔が、俺に迫った。
このときの、東京という大都会の印象は、何から何までが急いでいるようで、電車の乗り降りにも、戸惑ったものである。
私はいずれは照雄と結婚するつもりだったので、仕事に未練はありませんでした。
仕事を失い、女房とも離婚し、家を売り払ってアパートに引っ越した。
こちらが、年寄りだったので、店の方が気を利かして聞いてくれたようです。
真事この世は棄てる神あれば袷う神あり…あんなすごい名器を持つ嫁を追い出した伝吉に較べ、それを拾った藤右衛門のそれからは至って仕合わせな毎日だったということである。
たおやかに盛りあがって、生娘らしい若草が縮れてしゃりしゃりしている。
今思えば、あの雨の日にベンツに乗せられた時のことは、こうやって私を二人の奴隷にする為に夫婦で仕掛けた罠だったのではと思うのです。
ところが千葉氏も何故か射精しないままでいるのに驚き、夫人がシャワーを浴びている間に、
「うっ、はあああああっ、ああン!あなた、ステキっ」
ですが、温泉に入った直後とあって、オマ×コ特有の卑殺な臭気は残っていませんでした。
綾乃はそう言うと、湯の中から私の精液をすくい取り、ためらうこともなく舌の上にのせたのです。
カードがないと自販機を使えないなんて迷惑なことを考えたのはいったいどこの誰なのか。
ただ、その一心でした。
下着を剥ぎ取られ、ざらざらとした生暖かい舌が花芯をとらえたとき、まるで軟体動物が這いずり廻っているような、ぬめりのある感触が肌にじわじわと浸透していきました。
そのとき、S婦人が私の席にやってきて酒を注いでくれた。
私はそんなに飲めるタチではないのです。
「さすがに頭の良い方はのみこみが早い」
私は咎め立てをすることなど諦めて、幸恵に向かい、

私、実は夫の上司に犯され続けてます… JULIA

サンプル動画