ATTACKERS Anthology.2012

タイトル: ATTACKERS Anthology.2012
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、凌辱、レイプ・強姦
女優: 麻美ゆま、JULIA、かすみ果穂、織田真子、御厨あおい、成宮カナ、愛花沙也、みなせ優夏、さとう遥希、周防ゆきこ
メーカー: アタッカーズ
レーベル: アタッカーズ アンソロジー

ネットの口コミ

世話焼きの喜美恵さん、そして今度は智子さんの登場と、私のモテモテぶりは止まるところを知らない感じでした。
帰ってきた弟の顔も晴れやかで、ついに圭子はオーケーしたのか、と思うほかありませんでした。
ドアに鍵が掛けられていたからです。
しかし、その真っ白な太腿は、むっちりと肉付いていて、なんとまあ女くさいことか。
「ああ~ん、いやん、あん!」
宛がった腰をゆっくりと押し進める渡辺さん。
私は叫んだ。
部屋に入って、すぐに私が
「さあ、気取ってばかりいないで、メス豚らしく大声でキイキイと鳴いてみろッ」
露出されたのは惚れ惚れするほど形の整った乳房だった。
また、大きく股を拡げて、秘唇を自分の指で開いて舐めてとせがんだりもしました。
「ほお、さすがはブロだな。まあまあじゃないか。けど、ワシをイカせるのは簡単じゃないぞ」
結局はこれがかなり深刻なトラウマとなって残ってしまったようなのです。
「実は、私の母が…」
俺は込み上げてくる欲情を抑えながらも、葉月の下半身に視線を這わせた。
葬儀の列席者の中で、美登利の姿があったとき、その美しさから彼女であることがすぐに分かった。
私はためしに若いベルボーイの誘いに応じてみましたが、デートで連れて行かれた先は中華街の油染みた食堂で、いっぺんでうんざりしてしましました。
友人の嫁さんにはそもそもマゾ奴隷の気質が備わっていたようで、私が調教して行くうちに想像以上に素晴らしい淫乱なマゾ奴隷へと変貌して行った。
再訪を約束して、一週間後に指名して遊びました。
糸子は苦し気に肩で息をし、
とくに肌が白いわけではない。
私はそこで気持ちを固めて、数日後、ついに貫井氏と愛人契約を果たず為にラブホテルに行ってしまったのでした。
またも夫人が下腹部を痙攣させた。
私は夕方になると黒いコートにサングラスといういでたちで、夫が勤める警備会社に出かけてゆきました。
すかさず浴衣の裾を探りました。
湯の中で、綾乃の陰毛が海草のように揺れておりましだ。
彼の指先が動くたびに弱い痺れ感がどんどん波紋のように広がってくる。
「ちょっと、待ってろよ」
あらゆる感触が、濃厚に感じてしまうような……。
「あら、お優しいのね。ふふふ」
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
俺はこの奥さんのために、いくらでも損失補填してやろうと心に誓ったものだ。
気立ても良さそうだ。

ATTACKERS Anthology.2012

サンプル動画