濡れ過ぎたカラダ50人

タイトル: 濡れ過ぎたカラダ50人
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、その他フェチ、巨乳
女優: 桜ここみ、かすみりさ、JULIA、大塚咲、夏海ナミ、黒澤あみ、塚本渚、朋香めい、菅野さゆき、伊沢美春
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

黙々と釉薬を塗りながら、そんな二人のやりとりにじっと聞き耳を立てているのは綾子さんです。
本気でそれが実現するとは思っていないような気配が見え隠れしていました。
しかし肩に触れてきた手の温もりや甘い香りで欲情した私は狡猾にも一計を講じました。
浮気したいしたいと五年前から言ってきたくせに、けっきょくできなかったらしい。
「こ、こうか」
渡辺さんと会うのも、最近では週に一度で足りないと思えるほど、自身の奥の熱の高まりを抑えられなくなってきています。
私は汗ぱんだ手でドアノブを掴み、恐る恐るドアを閖けた。

たぶん、私が処女をいただくのは人生でこれが最後の機会でしょう。
しかし、看護帰は少し困った表情を浮かべながらも、承諾してくれたのだった。
そう吐き捨てるように言われたのです。
暗褐色のケツメドから精液がジュルッとあふれだし、それからしばらくは抱き合ったまま余韻を味わった二人でした。
言われて、私は彼に手を引かれるまま浴室へ。
麻美は恥ずかしさとくすぐったさが入り交じったような複雑な表情で身悶えています。
ボールの一個位、なくてもいいか。
こんな言いわけをする。
照雄はあまり詳しく語りたがりませんでした。
女房を連れて行かなくて良かった、と今は思っている。
それでも二回目の放送では、タレントがドライオルガスムスに至るまでの実況放送をしていたようで、あえぎ声が流れてきました。
と糸子が赤くなって俯き、口寵っていると、
どうも人を避けてしまい、ずっと引きこもりが続いている。
ヌプッと指を引き抜かれると、私が休勢を変えないうちに腰を掴まれ、今しがた甘美な排便感に襲われていたすぼまりに指より太いモノが圧し充てられました。
「そうさ。何ごとも平等でなくちゃ」
ひとしきり私の口唇と舌を堪能したあと、西島は私をベッドに押し倒しました。
と訪ねてきたのが敦美さんでした。
馬鹿にされないようにと強がりを言った私ですが、そんなに、女性との、しかも玄人との経験などあったわけではありません。
まさに、腰も抜けるほど私は驚かされることになった。
「あなたが純粋に好きだったから……」
とお願いしていました。
その中でもSという婦人が男連中の憧れだった。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
噂には聞いていたが、とうとうその恐怖が現実になってしまった。
風紀上そうせざるを得なかったのだろうか。

濡れ過ぎたカラダ50人

サンプル動画