発射寸前!我慢汁垂れ流しの気持ちいいフェラチオ320連射16時間

タイトル: 発射寸前!我慢汁垂れ流しの気持ちいいフェラチオ320連射16時間
キーワード: 独占配信、その他フェチ、ベスト・総集編、フェラ
女優: 愛内希、愛咲れいら、青山菜々、青山ローラ、麗花、うるみゆう、大城友佳、七海なな、岬リサ、紺野ひより
メーカー: ROOKIE
レーベル: ROOKIE

ネットの口コミ

これは四十年に及ぶ教職の作業とも相通ずるところがあって、まさに私の真骨頂。
あなたは強いひとだから、幸せにならなくても生きてゆけるのよ」
私は口には出しませんでしたが、そこは「湿ってる」というよりは完全に濡れていました。
あんなにやけたキザ野郎のどこがいいのか、と私のまわりでもよく噂しているのだが、それは、どうやら半分は、私に対するあてつけのようです。
私たちは映画館の前で待ち合わせた。
まずは、指で、ね」
女は私の腰の上に跨ると、ペニスを自分のワギナの入り口に宛がい、ゆつくりと腰を下ろした。
「ああ、そんな……ダメッ!」
と続けたかったのに違いありません。
「でも」
ただ、スープの冷めない距離に住んで欲しいと言われ、自転車で行き来できる程度の場所に部屋を借りて、夫婦水入らずの生活をスタートさせました。
実はあれで病み付きになってしまったんですわ、前立腺マッサージのケツメドいじりが。
思えば無性に淋しくて、性懲りもなくまた違う男性と付き合い始めてみるのですが、やっぱり最後までいくことが出来ません。
時間を潰すのは得意ではないので、私は玄関のチャイムを押しました。
俺は吸い付くように舌先を唇で挟んだ。
「美登利も大学受験すればいいのに」
セックスが楽しくてたまらず、四六時中そのことばかり考えている状態でした。
仕方なく俺は、薄い闇の中で女を見る。

藤右衛門がいわれるままに体を折リ曲げ、夏蜜柑のようにこんもり膨らんだ乳房をコキ上げながら、ツンと尖った乳首を口に咥え、ビチャピチャ音立ててしゃぶると、
「ハイ」
お金のことでこんなにも私を悩ませたばかりか、セックスレスで放っておかれたせいで体まで悩ましい状態に貶めた夫を心底怨みました。
夫人が呻き声を上げつつ下半身を突き上げる。
私がしこたま飲んでいると、やがて隣にひとりの男が腰を下ろしました。
彼女が悲鳴を上げてのけぞります。
馬鹿にされないようにと強がりを言った私ですが、そんなに、女性との、しかも玄人との経験などあったわけではありません。
とヴァギナの中が妙な感じに捻れ始めてきた。
私はオッパイを揉みながら、そのデイープキスに応じました。
腰を突き入れられるごとに、狂おしい気持ちが自分でも恐ろしいほど高まっていくのがわかります。
「まあ、せっかくの旅行なんだし、そんなに堅苦しいこといわなくても」
ミュールはやはり奥さんのものかもと思い、私も急に様子窺いまでしてる自分が馬鹿らしくなったのです。
「ええ、もちろんいいわよ。ただし、もし損したら、あなたに損失補填してもらうから……」
私は咎め立てをすることなど諦めて、幸恵に向かい、

発射寸前!我慢汁垂れ流しの気持ちいいフェラチオ320連射16時間

サンプル動画