BEST OF E-BODY LOVERS 2011

タイトル: BEST OF E-BODY LOVERS 2011
キーワード: 独占配信、尻フェチ、スレンダー、巨乳、ベスト・総集編
女優: JULIA、佳山三花、初音みのり、菅野さゆき、辻井美穂、竹内あい、山田マリコ、小鳥遊瀬那、及川はるな、あすか光希
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

接吻まで行った波恵さん。
圭子はいやいやするように頭を振りながら、射精と同時に、痛いほどにペニスを締めつけてきました。
反撃するように男根をしゃぷられると私も情けないほどうわずった声を上げて仰け反り、二人のヨガリ声が部屋の中で何度も交錯しました。
そういうプライドはあります。
「すぐ、すぐに良くなります。その間に」
夫は若い頃から大のゴルフ好き。
乳輪も膨らんでいる。
これまでずっと我慢して抑えていた感情が、心の中にいっぽいに膨らんできていたのでした。
彼女は、身を乗り出す格好に敬り、私の耳を塞ぐようにして両手で私の顔の脇を押さえます。
しばらくは我慢していた。
それは、他の女性を作って家に寄りつかなくなった夫を待って、一人で家にいるのがイヤだったこともありますが、自分が女であることを誰かに認めて貰いたかったのです。
手淫といえば若い頃からチxポコ一辺倒だった小生にとって、あのケツメド愛撫はまさにカルチャーショックでしたな。
「何するのよー、もうちょっとうまくできないの」
「出ていって!私、恥ずかしい…」
すぐさま、彼女のプニョプニョした尻肉に擦り付けると、亀頭がビリビリと感じてきて、消火器のごとく噴射したのだ。
そのような日々が続いていたある日、
「髪も素敵じやないか」
その瞬間、わたしは理性を失い、女将の唇を塞いでしまう。
いまや深夜の民放ラジオ番組は、インターネットに押されて、聞く人間もいなくなり、深夜番組の過激度はエスカレートする一方です。
相変わらず目をつむったままいう。
そのためだろう、ヒサミちゃんだって同類と思い近づいてきたのかも知れない。
(ああ、でも)
「それだけなのも」
そして、女ひとり、カウンターの席でガプガプ欽みはじめたのです。
こちらはもうタジクジ。
「もっと大きいやつ、ようさん知っとるんとちゃうか?」
私はよほどの鈍感女だったに違いない。
「そういえば、あんたらこの間、便所のところでスケベな話しとったろうが」
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
そんなときD爺さんが便所に来て私の横に立った。
我が家と同じ間取りの狭い居間は、うちの野暮亭主が飲まないような洋酒のボトルが飾られています。
「ちゃんとウンコの出る穴に挿れて下さいとお願いしろ」
幸恵のほうは、いきり立った私の肉棒を手に握りしめ、上下に擦ってやまない。

BEST OF E-BODY LOVERS 2011

サンプル動画