魅惑のランジェリーズ 下着に身を包まれた麗しの美女達8時間

タイトル: 魅惑のランジェリーズ 下着に身を包まれた麗しの美女達8時間
キーワード: ベスト・総集編、ランジェリー、デジモ、独占配信
女優: Hitomi、大橋未久、乃々果花、JULIA、Maika、青山菜々、佐山愛、めぐり、長澤あずさ、月野りさ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

五十八歳の未亡人ですが、ほっそりして品のいい顔立ちのせいかまだ四十代半ばにしか見えない美人です。
私も、突き上げ返しました。
「ねえ、いじって。どこがどんな器官だか分かる?」
その女性が花束を抱えてうれしそうに微笑んでいる顔が見たいからです。
上映が終わり、館内が明るくなり、私は席を立とうとした。
見た目とは裏腹に、渡辺さんはとてもゴルフが上手。
私がバスローブ一枚でダブルベッドの上に仰向けに寝ていると、女が私の隣に正座をして、三つ指を突いて頭を下げた。
そして先生の指先が私の割れ目に触れてきた時、自分で触る時の何倍も敏感に感じて、私は、おかしくなりそうでした。
私は、加奈子の股ぐらに手を入れ、湿地帯を突き進みました。
「え、いいの?」
いろいろな男性とセックスして、深い快感を味わうと、自分には何も欠陥のない女なんだと思うことができるのです。
ですがマン穴に抜き差しさせるのとはかなり勝手が違っていました。
ええ、そうです。
私は舌先で汚れた部分をべロベロと舐め始めました。
だが、彼女は嫌がる風には見えなかった。
こんなことを言うのだった。
(彼も真面目に結婚を考えてくれていたのだ!)
その、温かで柔らかな感触にわたしは興奮を覚える。
幸い店の入り口は派手な看板が無く、抵抗なく入ることができました。
男ヤモメになってから、折りに村の後家や娘を呼び寄せ、金に物いわせて慰み物にして来たが、糸子のような極上オ×コは初めてである。
唇がヒビ割れて、糸切り歯が覗いているが、キスは嫌がるだろう。
私の剥き出しの胸の上で動く彼の頭頂はスダレ状態になっている薄禿で、こんな醜い中年親父に体を好きにされることに嫌悪が湧いてしょうがないのですが、やはり手に握っている紙幣を投げつけることが出来ませんでした。
私が口を挟むと、
これはもう、白旗ものでした。
そして、その痛みに父親の愛惰を感じて快感さえ覚えたらしい。
「お兄さんの部屋で呑み直そっ」
神妙に切り出されるとちょっと不安にはなったけれど、今さらいやだと突っぱねるわけにはいかない。
私はオマ×コの穴からよけるようにして、侵入を防いだのでした。
あらゆる感触が、濃厚に感じてしまうような……。
しかし、その大半は男が女を、そして女が男を求めているのだ。
うちの主人は相変わらず帰りが遅く、時間潰しに観ていたテレビドラマも面白くなかった私は、また玄関の外に出て、お隣のドアの前で様子を窺ってみたのです。
奥さんの細かく皺のよった肛門に痰混じりの唾液をベットリと垂らし、中指で皺の中心部を押し広げていく。
すっかり正規の就職を諦めた私は、なんとか降って湧いたような軍需景気の一端にでもあやかろうと、つてを求めて走り回り始めていた。

魅惑のランジェリーズ 下着に身を包まれた麗しの美女達8時間

サンプル動画