艶めかしい美体の猿並み性交 JULIA

タイトル: 艶めかしい美体の猿並み性交 JULIA
キーワード: 独占配信、指マン、パイズリ、騎乗位、巨乳、ハイビジョン、単体作品
女優: JULIA
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

四十年以上も務めた教職を定年で退官し、「これからは趣味に生きるぞ」と家族に宣言して、釣りだ、社交ダンスだ、パソコン教室だ、と手当たり次第にかじり始めたものの、しかしどれも長続きせず、辿り着いたのは市で主催している陶芸教室でした。
「だったら、俺をクビにしてくれよ。それで、土方でもなんでもほかに就職先を探すことにするから」
上になった大家さんがムッチリ肉づいた尻を突き上げました。
離れの部屋で、専用の露天風呂がついていました。
「大丈夫か?」
翌週、揃ってゴルフに出かける三人を見送ってほどなく、夫が頼んだ同僚の渡辺さんが迎えにきてくれました。
「はい、それではご一緒させていただきます」
「可愛いよ…」
やむにやまれぬことなのです。
若い女の蜜は甘くてとろとろしていて極上だった。
私は二十五歳のときに、職場で出会った男性と結婚しました。
肉ザオを抜き差しさせると反撃するように彼女もわがケッメドに指を抜き差しさせる。
来る、きっと来る。
言うまでもなく、すべて私のせいです。
「席を間違えないでね」
と叫びつつ、よく彼女は一所懸命ペダルを踏んで追ってきたものだった。
私自身はホテルが社員寮として借り上げているアパートに住んでいました。
仕方がないので、一人でアチコチを訪ね歩くことになったのだが、それはそれで楽しみもある。
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。
「本当ですか、マァ嬉しい……実をいうとおらも後ろからされるのが好きなの」
「大丈夫かしら、あの子、焼けそうにもないわ」
夫の実家の会社はこの不況でもなんとか持ちこたえているというのに、別会社を任せられた夫は去年のうちに呆れるぐらい業績を悪化させてしまってました。
「えっ、もうなのおー」
喫茶店を出たふたりを尾行すると、ふたりは、ラブホテルへと消えてゆきました。
「うるさい! ツベコベ抜かすんじゃねえ!」
綾乃は私の肩を両手でつかみ、体を前後に揺すりました。
学歴、職歴欄にびっしり書き込まれた性的特徴を指でなぞりながら、熱心に薦めてくれる律子さん。
彼女は私の首に抱き付き、乳房をこすりつけてきます。
「これからは、お母さんの好きなように、生きてみたら?」
「これでお宅は脱落。いやあ、Sご婦人はあんたが一番のお気に入りだったんだ。それも今日で終わり」
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
俺はうれしくなって派手に腰を振り、熟女の蜜壷に熱い沸騰液を、不覚にも撃ち放ってしまった。
やがて左手で幸恵の肢体を抱きしめ、右手を太腿の上に伸ばしていくと、幸恵は待ち構えていたごとく崩した脚をさらに開いて、私の手を導き入れるのである。

艶めかしい美体の猿並み性交 JULIA

サンプル動画