くっきりハメシロ&ばっちりイキ顔

タイトル: くっきりハメシロ&ばっちりイキ顔
キーワード: ベスト・総集編、ハメ撮り、巨乳、スレンダー、独占配信
女優: JULIA、さとう遥希、前田優希、二宮沙樹、水城奈緒、芦名未帆、Maika、悠希めい、可愛みくり、竹内あい
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
この世に自分と圭子の二人だけしかないような、そんなどこかやけくそでそれでいてとてもやるせないような……。
よじれながらまとわりついてくるヒダ肉の感触が卑狼で夢中で掻き回しました。
相手の女だって、「あなたって、ほんとにスケベなんだから」と言いながら、まんざらではないと満足する。
すると今までユルユルだった定子の締りが徐々に窮屈になってくる。
それを渡辺さんから、大好きだ、と言われるなんて。
妻は平然と答えた。
その時、私は三年間の先生に対する思いが胸の奥から一気に噴き出していました。
それは、見る者をどこか圧倒するような仕草でもありましだ。
そこで、素人とはいえないが、スナックやクラブのホステスを誘ってみることにした。
私は、私の方に問題があったら、これから先、お姑さんからどんなにひどいことを言われるかと思って、不安で生きた心地がしませんでした。
初心者だとバレるのを覚悟で聞きました。
それでも、彼は私の肩を抱いたまま、かまわずに指を進めてきます。
かなり遅い時間になっていましたので、周囲の部屋にはすでに誰もいませんでした。
「あのぉ、オマxコに、オチxコを、入れて下さぁい」
地蔵下の美登利とよく待ち合わせた場所では、ハラハラと涙がこぼれた。
(モダンでカッコいいわ)
やがて身体は密着し、彼女はわたしの耳元で嚇いた。
と聞かれてしまいました。
それが寝耳に水の離縁話…娘の糸子は昨日暗くなってから、しょんぼりとして帰されてきたのだった。
このごろは店にも来なくなった。
まさかお金のことで悩んでいるなんて人に知られたくありませんから、私は澄まして白を切ったつもりでしたが、夫よりも大分年上の貫井夫人は馴れ馴れしく私の手をギュッと握ってきてこう言ったのです。
夫人は狂ったように叫んだ。
と同時にスカートを捲り上げ、素早い手つきでショーツを引きずり下ろしてしまったのです。
「あう! すごい。すごいわ。あなたが添乗員になってくださるんだったら、あたし、いつでもツアーに参加してあげるわよ」
雨はますます強くなり、綾乃は湯から立って、洗い場に立てかけてあった番傘を持って戻ってきました。
物心が付き始めた頃、排便の跡を母に紙で拭き取ってもらっていた記憶。
(まあ、童貞喪失代と思えば、安いものか)
「どう? いつもよりずっと感じてるんだろう? 今度はどうして欲しい?」
「今日はお見かけしなかったけれど、どちらへ?」
翌日、私はまた料理を口実にタッパ一を抱えてお隣に行くと、木原さんのご主人にそれとなく言ってみました。
「ちゃんとウンコの出る穴に挿れて下さいとお願いしろ」
ほんとうに裏を返すどころか、毎晩だって新宿二丁目を訪れてサチコに溺れてしまいそうな予感が湧いてくる。

くっきりハメシロ&ばっちりイキ顔

サンプル動画