淫女お姉さんが咥える イヤラしいフェラチオ100連発8時間

タイトル: 淫女お姉さんが咥える イヤラしいフェラチオ100連発8時間
キーワード: 痴女、フェラ、ベスト・総集編、淫語、顔射、独占配信
女優: 里美ゆりあ、蓮実クレア、桜木凛、さくら悠、緋咲アンナ、鈴音りおな、JULIA、椎名ひかる、仁科百華、桐谷ユリア
メーカー: 美
レーベル: 美

ネットの口コミ

が、女性というのは不思議なもので、口論を続けるうちには袖にされた者も情交を交わした者も一致団結し、大挙して私の元にやってきたのです。
「ずっとあなたが好きだったの」
そう言って目を白黒させた大家さんに悪い気はしませんでした。
昔からそうなんです。
「え、ええ…」
私は、はい、と答え、立ち上がりました。
毎回、接待の最後はこれである。
夢……?
「先生、わたし、誘われるままについてきてしまい、軽率だって思われて:…でも、どうか、わたしのこと嫌いにならないでください」
「大丈夫ですよ。そうだ、何か食べたいものはないですか?」
それまでビクビクしていた私は、ホッと胸をなで下ろしました。
怒鳴って一気に射精しました。
彼の家に招かれたのは、一緒に走り始めてから三月ほど経った時分のことです。
麻美の悲鳴が聞こえました。
小さな会社で事務員をしているそうだ。
昭和二十九年の春、私は大学に合格して、故郷を離れることになった。
(つまりは青年実業家ということ?すごいじゃない!)
すぐに119番に連絡をするのが人間のあるべき姿だろう。
これはあくまでも個人の感想ですが。
「ウフフフ」

ジンジンしてる媚肉がヌメヌメした舌で撫でまわされると、それがレズクンニだとしても、私のソコは夫のクンニと区別がつかない快感に満ち溢れだしてきました。
会場は井田氏の経営する商社の展示ショールーム。
飲んでいるあいだも、夫とあの女のことが脳裏をよぎって仕方ありませんでした。
と怒鳴りながら抜き差しさせ、尻をビシビシど叩きます。
私は夢中で年上の芸者にしがみつき、腰を突き上げました。
溜まっていく愛液をすくい上げては私の割れ目に塗り込めていく半多氏。
「あなたが純粋に好きだったから……」
二十年以上、セックスなど御無沙汰していたこともあって、私は男と女の営みがこれほど悦びを与えてくれるものとは、生まれて初めて知ったのです。
泣き出すようにか細い声だった。
「イクわ……イクっ、イクうっ……」
そして感動的で圧巻だったのは、射精を果して俺の糞まみれになったチンポを、その上品なロに含んで綺麗に舐めとってくれたことだった。
私の肉棒はいきり立つばかりだった。

淫女お姉さんが咥える イヤラしいフェラチオ100連発8時間

サンプル動画