鬼パイズリ地獄 JULIA

タイトル: 鬼パイズリ地獄 JULIA
キーワード: 美乳、巨乳、看護婦・ナース、ランジェリー、パイズリ、単体作品
女優: JULIA
メーカー: レアルワークス
レーベル: M(レアルワークス)

ネットの口コミ

教室を終えて駐車場に向かう私を呼び止めたのは、なんと智子さん。
それからまた、さっきよりももっと狂ったような勢いでベニスをすすりたててきて、さすがにその夜はとくべつな興奮があったせいか、ペニスはずっと硬いままで、すぐに二度の射精の勢いをつくってゆきました。
スカートを捲ろうとしました。
少なくとも、彼女のことを知っている女性とはセックスしないようにしています。
何でも映像に酔ってしまったようだと定子は言う。
私の体型については、夫にはもちろん、息子達にもいつもけなされてばかり。
女はスリップを脱いだ。
「僕と付き合って欲しい」
「ただいま、すぐに、すぐにオナニーを始めますからッ」
「いや、いいんだ、無理は分かってる」
こんな私でも女なんだ……。
乾いた悲鳴を放って年増ホテトル嬢が仰け反りました。
次の瞬間、何のつかえもなくずるんと大きな物が潜り込んできて、私は久しく味わうことのできなかった激しい快感に襲われていったのです。
溢れてきた愛液が舌に溜まってくるのがわかりました。
おお、俺を気に入ってくれているんだな。
しかし、あれだけの美貌だから、婿養子の希望者も少なくはなかろうと想像した。
私は休みの日ごとに照雄のアパートを訪ねるようになりました。
「もう一杯、いただいてよろしいかしら」
仕方が無いので、二日後に素人妻を指名して、たっぷり泣かしてエロ気分を満たしました。
取次の女中にいわれ、内庭を通りそっちへ行った。
分かっていたが、わたしは妙に心ときめくものをおぽえた。
「ああ、もうやめて……」
「ボク一人ではご不満だろうと助っ人を頼んだのですよ」
私たちは、しばし猛烈に口唇を吸い合いました。
というのも「お誘い」が飛躍的に増えたからなんです。
なんだかまだ夢の続きを見ているような気持ちでした。
そんな律子さんのアドバイスも、掛け値なしの親切心からだと信じて疑わなかった私。
確か、三時間の休憩で二千円ぐらいだったと思います。
夫の女癖の悪さには、何度泣かされたかしれません。
私は久方ぶりに興奮した陰茎を支え、彼女の中に埋没させたのであった。
と普通の口調で話し掛けてきました。
何と言っても俺のクビがかかっているのだからしかたない。
場所を新宿に定めて、夜の八時に『二丁目』へと足を略み入れていた。

鬼パイズリ地獄 JULIA

サンプル動画