東洋一のクビレ巨乳 8時間

タイトル: 東洋一のクビレ巨乳 8時間
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、スレンダー、巨乳、巨乳フェチ、騎乗位
女優: さとう遥希、成瀬心美、JULIA、椎名ゆな、小泉真希、知花メイサ、滝川ソフィア、一色まりな、今村なつ、愛沢有紗
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
それで、私の新しい人生がはじまりました。
品のいい美貌をほころばせて大家さんが食卓に並んだ惣菜を勧めてくれました。
そして里子もまた、そういう女だったのです。
だからといって陰部が窮屈になるという理屈が分からない。
「いい声だね。よし、汁を指で掬って…」
分かっているよね」
割れ目に顔を覗かせるクリトリスに指先がちょっと触れただけで、たちまちジーンと痺れるような甘い快美が太腿の内側を伝って足の親指の先の方に抜けていきます。

当たり前だ。
私が悪いのではなかったのです。
年増ホテトル嬢によれば「前立腺マッサージ」とかいうそうで、巧みな指の動きに快感は高まるばかりでした。
当時十年越しで付き合っていた男性と別れてしまったのも、私の身体の変化が原因でした。
麻美は恥ずかしさとくすぐったさが入り交じったような複雑な表情で身悶えています。
葉月は何かを言おうとしているが、言葉にならない。
そこで布団へ潜ると、
おかげで二十二歳になるまでに、私は三人の男性と付き合った経験がありました。
そういう言葉が最近市民権を得たからこそ我々年配者は、それまで原因不明なのに嫌われる臭いの意味がなんであるか知ることが出来たわけです。
年明け早々に出かけた行きつけのサロンで、指名をして遊んだなじみの娘は、やっとエロオヤジの指に反応を見せてくれるようになってきたのですが、いつまで経っても反応がイマイチでどうも食い足りない。
「フンフン、ハーハ一」息を弾ませ、腰を突き上げながら、
ずいぶん馴れたのか、下を向きながらママさんのそばへきた。
仰向けでクンニされていた私の体と向きを反対にして夫人が履いかぶさってきました。
「と言うことは彼女たちと遊ぶのも、昼間ということかい」
私の性感も、ぼちぼち頂点に差しかかろうとしていました。
「いいんですか? ホントに」
布団に入るのにそれほど時間はかかりませんでした。
鋭い目力で真っ直ぐに私の顔を覗き込んでくる。
私は彼女を抱きかかえ、布団まで運んだのです。
鳴呼……何なのでしょうか…この異様な快感は……。
「本当です」
ですから、アルコールでクラっときた時、木原さんの腕で抱えこまれた私は、そのまま布団に連れていかれても、自分の考えがついてきませんでした。
当時、二十五歳だった俺は証券会社に勤めていた。
と言い張ったが、実際に調べに乗り出してみれば、夫たる私の背信は明らかそのものだった。

東洋一のクビレ巨乳 8時間

サンプル動画