濃密 中年おじさんとJULIAの情熱的な接吻とSEX JULIA

タイトル: 濃密 中年おじさんとJULIAの情熱的な接吻とSEX JULIA
キーワード: 熟女、巨乳、単体作品、独占配信、ハイビジョン
女優: JULIA
メーカー: 溜池ゴロー
レーベル: 溜池ゴロー

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
弟は、私とは逆に勝気な性格で、あんなすごい美人の人生を台無しにしてしまった親父は許せない、と言っていました。
よじれながらまとわりついてくるヒダ肉の感触が卑狼で夢中で掻き回しました。
聯場の上司の勧めで見合いさせられて、まあ、この男となら一生食いっばぐれがないかな、というような打算で結婚したのでしょうかね。
私は定子のパンティを脱がしにかかる。
「これは黙ってるつもりだったんだけど…」
美しい人妻の下着姿は十分に扇情的だった。
「あ、イヤっ」
「お先にお風呂を使わせていただきます」
「看護婦さん、アンタの乳をしゃぶらせてくれ」
その後、夫の実家に報告に行くと、お姑さんは半狂乱になって嘆きました。
怒鳴って一気に射精しました。
私は翌日もそのローションのおかげで素晴らしい快感を得ることができたのでした。
そんな私にも、少しばかりほっとする場所が学内に一つあります。
葉月が全身で悶え、喘ぎ声を上げる。
感じていたのかも知れないが、高校生がそのような淫らな感情を抱くことは不純なことであって、不良のすることだった。
「ねえ、ねえ」
そんなわたしも仕事が見つかり、空き缶を集めなくてもいいようになった。
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。
すると糸子のそこはもう微温湯のように火照り、吹き出す淫水にぐっしょり濡れ、肉襞という肉襞が一分の隙もなくねっとりと陰茎にまといつき、なんともいえず快味である。
言いぐさに、同郷の訛りがあった。
私にはレズの気なんて少しもありませんから、同じ女の秘裂を舐めるなんておぞましいだけでした。
夫人もよがり声を上げ、ぐったりしてしまった。
思わず、酔いが覚める一言でした。
最近の女性は本当に元気がいい。
「ああっ」
車内灯もついていないし黒いボディは暗闇に溶け込んで、普通なら知らずに通り過ぎてしまうだろう。
高校時代の話です。
あらゆる感触が、濃厚に感じてしまうような……。
「大丈夫ですか」
私は、子供たちが小さい時の汚れが残る狭い家で一日を潰すほどの家事もなく、遊び回れるほど余分なお金もなく、主人が帰宅するまで死ぬほど退屈に暮らしているのでした。
「気持いいでしょう」
男根を握ってみると、かなりの硬度を示している。

濃密 中年おじさんとJULIAの情熱的な接吻とSEX JULIA

サンプル動画