発射寸前の最高に気持い~いフェラチオ

タイトル: 発射寸前の最高に気持い~いフェラチオ
キーワード: フェラ、痴女、巨乳、ベスト・総集編、4時間以上作品、デジモ、独占配信
女優: 大橋未久、乃々果花、里美ゆりあ、JULIA、遥結愛、春木彩奈、星咲ひかる、河合こころ、初芽里奈、西尾かおり
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

手を焼いた私は彼女を助手席に乗せ、向かった先はラブホテル。
「そんなことしたら……」
「あらア……まあ……」
あんがいたくさんいるということです。
私は横臥する定子の隣に寄り添った。
ぞして、教え方もとてもいいのです。
私の目の前で女の大きなおっぱいが揺れでいる。
卒業式が終わって、私は思い切って松山先生に電話をかけました。
「ああ、たまらない。加奈子さん、ここにキスをしてもいいですか」
「おじさん、暇?」
あんたは女じゃない。
「あふん、ああ、すごくいい……」
なるようになれ、出たとこ勝負。
彼女の顔を見ると、ふさぎ込んでいるようです。
「その前に、やってほしい事があるんだよ」
こう言って、お下げ髪へ唇を寄せ、チュッとキスをした。
その日、照雄は私にプレゼントをくれました。
昔なら飼い猫に喰わせるなどという想像も出来るが、最近の飼い猫は生意気で、缶詰の食事ばかり食べて、あまりアラを喰うなどという話は聞かない。
何を言いたいのかといいますと、お堅いNHKの番組内容についてではありません。
と今度は手を下にやり、濡れそぼった秘毛を掻き分け、玉門のとば口にあるトンガリオ×ネをシコシコ揉みしだくと、
ずいぶん慎重に、隣室の襖戸を開けた。
お金がないせいで夫婦仲が荒れるなんて貧乏人のような暮らしみたいで、私は誰にも相談すみことも出来ず、急に家計のやりくりで脳まなければならなくなった事態に確かに憂鬱になっていました。
右子夫人もその一人なのか……。
(それにしても近頃、帰りがとみに遅いわね、ウチの人…)
予想が確信に変わって彼女の背後に回りこみ、ゆっくりと振り向かせて唇を重ねました。
腰はくびれていましたが、腹も出ていました。
「思った以上に敏感な人のようだ」
通されたの四畳半ぐらいの次の間つきの部屋で、奥の部屋が寝室になっているみたいでした。
「やっぱり……佳代子さんは、虐められるともっと感じるんだよ……」

ご主人も既に始めていたらしく、グラスには飲みかけのお酒と、灰皿には何本もの吸殻がありました。
「わたしがここの主人ですのよ」
そして、そのまま顔をオマ×コに近づけて割れ目に口を押し当て、舌を差し入れては舌先を上下に撫でつけながら吸引し、ネバネバした女の淫液を飲み込んだ。

発射寸前の最高に気持い~いフェラチオ

サンプル動画