BEST OF E-BODY LOVERS 2010

タイトル: BEST OF E-BODY LOVERS 2010
キーワード: ベスト・総集編、巨乳、独占配信
女優: 花井メイサ、春咲あずみ、朋香めい、桜ここみ、浅乃ハルミ、宮坂レイア、青空小夏、ましろ杏、上条めぐ、亜梨
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

いわば、男としてモテる時期が三度あるというわけで、そのタイミングは人それぞれのようですが、私の場合はまさに今が旬かも知れません。
「動かしてほしいなあ。いやらしく、くねくねと、さ」
同じ敷地内に住んでいた大家さんが自宅の夕食に招いてくれたのです。
最初はぎこちなく先端部分をくわえこんでいるだけだったが、しだいに頭を前後に動かしてくるようになりました。
「なにも?」
ずいぶんケンカもしました。
バソケットルームには酔漢のドラ声や、肩も露わなドレスで綺麗に着飾ったコンパニオンたちの嬌声が響き渡っていた。
私は見た目より意外と筋肉質な先生の肌の温もりが心地よく、そうして憧れの先生と裸で抱きあって肌を触れ合わせているだけでもうイッてしまいそうでした。
「それでは、わたくしの手マxコをお愉しみください」
「喉が渇いた」
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
年増ホテトル嬢が何を思ったのかローションなるヌルヌルする液体を手にまぶしてケツメドに塗りたくり始めたんですわ。
男性への興昧を失ったわけではないのですが、性欲は急激に減退し、性器も加速度的に哀えていきました。
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
「すごいよ。見事なケツだ。いいオマxコだ。チxコは、どんな感じだい?」
と感激していた。
都会で素敵な男性と巡り会うことを期待していたのに、職場にいるのはオジサンばかり。
しかも、一回では終わらず、萎びた一物をしゃぶって蘇らせる。
布団の中でうつらうつらしながら昔の歌謡曲などを聞いて、若かりし頃の懐旧にふけっています。
「アノウ……」
カウンターのなかの娘にも飲むようにつげた。
唾液でたっぷりとヌメってほぐされた肛門は、私の意思と裏腹に貫井氏の男根を飲み込む為に開いていくのです。
ニヤニヤと笑いつつ私をからかう。
またまた図星を突いてきたのです。
「ひ! 痛い!」
綾乃は露天風呂のことを黙っていてくれたようで、そのことを椒太郎が口にすることはありませんでした。
「えっ、そうなの? いくらぐらい?」
「ああーっ、あい一っ」
夫と住んでいた郊外の屋敷を処分し、都内のマンションを購入しての一人暮らしは、全てが新鮮で、日々生きている実感を噛み締めるように喜びに満ちたものでした。
気の迷いと言われればそうかもしれない。
一瞬驚いた顔をした彼は、すぐに誰も来てないと言ってきたので、私もつい
俺は男の武器を使って大金持の女の顧客をゲットし、俺を侮辱した上司を見返してやろうと思ったのだ。
しかし、自分の自堕落な生活ぶりについては、ひとことも反省のせりふは聞かれず、また改めようとする気配も見せなかった。

BEST OF E-BODY LOVERS 2010

サンプル動画