JULIA 露出×羞恥

タイトル: JULIA 露出×羞恥
キーワード: 野外・露出、デジモ、羞恥、パイズリ、単体作品
女優: JULIA
メーカー: SODクリエイト
レーベル: SODクリエイト

ネットの口コミ

そう言って唇を重ねたままスカートの中に手を滑らせ、下穿きの中に侵入してみると、なんと秘め所がもうジュクジュクに潤んでいるではありませんか。
「きみこそ、強いひとだ」
あわてふためいた大家さんの声にムキになって怒鳴り返しました。
五十過ぎの大して色っぼくもない女なのに、それでもすぐにちんちんがその気になってしまう。
部屋に戻ると定子はまだ、横になっていた。
奥を突かれると痛くて、私は夫とのセックスがどうしても好きになれませんでした。
私が宴会芸の終わった郎長に小指を立てて合図すると、飲めない酒を飲まされて真っ赤な顔になった部長が大きく、頷いた。
と抱きついていくと、先生は私を胸に受け止め、
粘膜の艶に初々しさが溢れています。
しかし、長年の無理がたたってか、六十半ばで病魔に襲われた。
こんな私でも女なんだ……。
そしてまさにその「今に分かる」だったんですわ。
是非見てもらいたいなあ……」
「うんこしたばかりだから、かなり匂うな。
髪を掻き上げながら、葉月は俺の胸に付けてある名札に顔を近づけた。
村まではバスが行かないので、途中から徒歩で向かったが、高校に自転車通学をした懐かしい道が、寒々とどこまでも続いていた。
(ひょっとして後ろ暗いことでもやっているのかしら?)
「せっかくだから、お話伺っていいかしら」
と聞かれてしまいました。
「へえ……実はそのことで…」
「へえ、そうなんだ」
私が積極的に夫人のレズ姦の相手をしないものですから、貫井氏との不貞がバレた時以上に激昂してきました。
「それを売りものにすると別の世界が楽しめるさ。全員が飲んべえじゃないからね」
西島の勃起は、私の口の中でこれでもかというほど、さらなる成長を遂げていったのです。
「いかがです?十分に楽しんでいただけてます?」
昭和四十五年。
『世の中、自分の思ったとおりになんか運ばないのよ、律子さん』
私はかなり名残り惜しかったのですが、彼女に合わせることにしました。
「そ、そんないじわる言わないで……」
「私みたいな女でよろしいの?」
私はお隣のご主人の浮気現場を突き止めてしまった興奮で、さっきまで観ていたつまらないテレビドラマよりこの事実にワクワクしてしまいました。
俺と同期入社の一流大学出のエリートなどは、自己売買部門に配属され、まったく呆れるほどの給料をもらっている。
ショート(一時間)なのか、それ以上なのか、あるいは泊まりなのか……。

JULIA 露出×羞恥

サンプル動画