射精直前の気持ち良いピストン103連発 第4弾

タイトル: 射精直前の気持ち良いピストン103連発 第4弾
キーワード: 独占配信、デジモ、顔射、単体作品、美少女、中出し、ベスト・総集編
女優: JULIA、あずみ恋、つぼみ、笠木忍、佐山愛、里美ゆりあ、亜梨、Hitomi、黒木いちか、みづなれい
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

ただ、経営にはほとんどタッチしていないらしく、暇つぶしで陶芸教室に通っているとのこと。
「そんなことしたら……」
大家さんは無言でした。
歳をとっても、この性分は直らない。
私は耳を疑った。
そう尋ねると、渡辺さんはちょっとだけ寂しげな表情で答えました。
その夜、風呂上りの妻は、それまで私が見たことも無いような下着を着けて私の前をこれ見よがしに歩いた。
クリトリスを刺激されながら、そう言って先生に耳元で囁かれると、私のあそこはキュンと感じて、全身に痺れるように快美な電気が走り抜けるのでした。
愛らしい唇を開いたまま、虎のように吠えたのです。
幸いガンではなかったので長期療養で命は取りとめた。
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。
怒鳴って一気に射精しました。
ちゃんと適齢期に結婚したもののたった二年で離婚。
「いえ、かまいません。さあ、どうぞ」
「だめだ。そんな事を言っていると、チxコを突っ込んでやらないぞ。いいのか」
人間誰もが等しく年を取り、醜くなっていくのは仕方のないことである。
言葉遺いは丁寧でしたが、そう言った男の目つきは鋭く、何やらものものしい雰囲気でした。
そして、勃起したわたしをつまみ出して扱き、そのまましゃがんでしゃぶり始めた。
で、放送で取り上げていた「ドライオルガスムス」というのは、究極オナニー法のことです。
「これでもか、これでもか」
どうあれ、長居はできまい。
その後、夫人はなんとご主人の貫井氏も交えて三人プレイを強要してきたのです。
わけの分からない私を夫人がリードし、抱き合ったまま反転する。
とにかく、私の四十代は性欲旺盛、セックスがやりたくて堪りませんでした。
マン穴のヨガリ汁でヌルヌルになっていた中指が、窮屈なすぼまりを押し退けて、直腸にズッポリとめり込んでました。
抜けかかるたびに、褐色の陰唇が淫らにはみ出し、また挿入のときは巻き込まれるように隠れました。
「この人、素敵」
「どうぞ、どうぞ」
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
飲みに誘うのはもちろんのこと、占いと称しては手を握る、マッサージといっては肩を操む。
外廊下には各家庭の風呂場の窓しかなく、中の様子が全く解らなかった私は自宅に戻り、今度はベランダに出てお隣をそっと覗いてみました。
それから三時間ばかり、俺と奥さんはベッドルームで激しく抱き合った。
「私の部屋なの」

射精直前の気持ち良いピストン103連発 第4弾

サンプル動画