JULIA先生の誘惑授業 JULIA

タイトル: JULIA先生の誘惑授業 JULIA
キーワード: 独占配信、デジモ、ハイビジョン、3P・4P、パイズリ、巨乳、女教師、単体作品
女優: JULIA
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

「喜美恵さんと随分仲がおよろしいみたいですのね。あんなお節介な人、あたくし、嫌いです」
あと四、五年して弟が一本立ちできれぱいいだけのことでした。
「ひっ!」
していたら、私を相手にすることなんか、とっくにやめていたはずです。
絶叫に近い囁ぎ声だった。
そう尋ねると、渡辺さんはちょっとだけ寂しげな表情で答えました。
以前、とんでもない女を宛がって失敗したことがあるのだ。
「先生ッ!」
新宿からタクシーで渋谷の円山町へ向かいました。
そんな時、一人の女子校生が声をかけてきた。
どう?私だって一人前の女なのよ…。
恥を承知で間きました。
掌に液体を絞り出しては、私の裂け目に塗り重ねながら、私の入り口に迫ってこようとする彼の指。
顔を陰部に肉迫させた私は、ワレメに舌を這わせたのです。
葉月が僅かに尻を左右に振った。
そして胸を開くと、乳房へと唇を移した。
彼は私の大きなバストがとくに気に入ったようで、ズンズンとリズミカルに腰を揺らしながら、私のオッパイを揉んだり舐めたりしました。
年を重ねると体臭が悪化するということがわかった以上、年配者はそこに配慮をすればいいわけです。
あれは去年の暮れの頃のこと。
「アレーツ、ウウウウウウウッ」
おおいに気をよくし、わたしは大胆になる。
「こんなはした金ではなくもっとまとまった援助をしてあげてもいいんだよ……」
焦りまくっている様子が伝わってくる。
(あ、この女だわ。この女が、ウチの人の浮気相手!)
ハッとする気配がありました。
よじれた乳首の先に白い小さな点ができて、それはすぐに大きくなり、やがて乳が勢いよく飛び出たのです。
まさか、今日、これから私が何をしにいくか、知っているんじゃ…?
彼女は、衣服で体をかくし、浴室に消えて行きました。
私はさすがにぎょっとして、思わず身を縮ませました。
この日が来るまではあれもしたい、これもしたいと考えていたが、いざそのときが来るとぼんやりと一日を過ごすだけだ。
奥さんの方は子供を旦那さんのところに置いて家を出、木原さんの方は妻子に養育費を送っているので生活が楽ではないとこぼしていました。
証券会社は完全に実力主義なのだ。
道理で体臭が淫臭と混ざり合って異臭をかなり放っていたはずである。

JULIA先生の誘惑授業 JULIA

サンプル動画