MOODYZ2012年上半期全タイトル16時間

タイトル: MOODYZ2012年上半期全タイトル16時間
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、企画、中出し、ぶっかけ、デジモ、独占配信
女優: JULIA、さとう遥希、みづなれい、愛内希、Maika、りんか、可愛みくり、菊池空、更田まき、牧瀬ひかり
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
そして朝食を食べる私のむかいがわに座り、
しかも恥じらう一方で股間を私の顔にダイグイ押しつけ、
付き合いのないただの知り合いだけの男たちからそう見られているだけだし、それはもうしょうがないことだと思っています。
定子は興奮がピークに差し掛かると、首を絞めろとねだってくる。
「はうっ」
「うっ、うっ」
先に服を脱いでパンツ一枚になった先生の首筋に私がしがみついていくと、先生は立ったままの姿勢で私のスカートのファスナーを下げて脱がせ、バンティの両脇に手を掛けてスルスルと降ろしていきました。
「加奈子さんが初めてだと聞いて、ポクは、すべてを指導してあげようという気になっているくらいだよ。正しい『女の作法』を知らないとこの先困ることになる。だから、加奈子さんは、ただ素直に従うように心がけることです。ボクは、昔から素直でない子が大嫌いなのです」
「はい」
そして、不妊治療をして子供が望めるのであれば、そのようにすればいいと…。
直腸の括約筋は膣なんかとは比べものにならないほど強靱で締め付けがきつく、腰を前後させると肉ザオが直腸内でスライドせずにすぼまりごとグワーッと浮き上がってくるのです。
「全部入りましたよ」
私はどうしても一線を踏み超えることはできませんでした。
「君のアソコも舐めたいから、中に行こう」
宿も一流だが、料理も一流で、彼女も大満足していた。
おかげで私は支配人に勤務態度のことでお叱りを受け、結局はそれをきっかけにホテルを辞めてしまいました。
そして、十分に固くさせると、自分も服を脱ぎ、わたしに覆い被さってきたのだった。
簡単に言えば、肛門からある種の器具を挿入して前立腺を刺激することで、射精することなし(ここからドライ、つまり乾いたという意味)に、果てることなく何時間でも快感に耽ることが出来るという驚異のオナニー法のことです。
藤右衛門はもう六十で、家を息子夫婦に譲り、離れで隠居暮らしをしている。
世間は、不景気風で、ことに水商売は散々たるものだ。
でも『お金がない』という悩みを抱えるようになった私は、その後、今までの自分ならとても考えられないような羽目に陥っていってしまったのです。
と、ベッドの上で大の字になった。
(よくぞ、還暦のこの年まで夫婦仲がもったものだわ:…)
が、ペタッと貧弱な音が響いただけでした。
桃太郎に誘われるままに、私はお爺さんに勘定を払って、雨の強くなった外に二人で出ました。
突き出したままの掌に千円札三枚を握らせると、新一はそのままぷいっと出て行ってしまった。
肩と肩が触れ、腕と腕がくっつきます。
私もその例に漏れず、新たな出会いを求めて様々な趣味の会やカルチャーセンター、シニアの親睦会に顔をだすようになったのです。
そんな連中が集まって俳句旅行に行くことになったのはこのゴールデンウイークのことだった。

損失補填も大変だ。
私の肉棒はいきり立つばかりだった。

MOODYZ2012年上半期全タイトル16時間

サンプル動画