東洋一のクビレ美女4時間

タイトル: 東洋一のクビレ美女4時間
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、その他フェチ、巨乳
女優: 佳山三花、桜ここみ、七瀬友梨亜、真矢ゆき、恵けい、黒木アリサ、広瀬ゆな、竹内あい、春咲あずみ、小川あさ美
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

この時ほどモテる男の醍醐味を感じた時はありません。
「動かしてほしいなあ。いやらしく、くねくねと、さ」
歴史に「もしも」はないと言いますが、もしもあの日、いつものようにパチンコをして帰っていたら。
そして、女同士が私の取り合いをして競争するようになってくれば、もう「ものにしよう」なんて思う必要がない。
敏感な体質で、それを自分で分かっていて、恥とすら思っているから普段は大人しい仮面をかぶっている。
最初は恥ずかしかったのですが、渡辺さんの言うとおり、早く弄りたくてだまらなくなっていた私、ローターを蕾にあてがいました。
接待には時には余禄がついてくることがある。
あとで考えると、それは彼を傷つける言葉だったのかもしれません。
ベッドの中で、私は、彼女の胸に置いた手をゆつくりと回しました。
私は飽きることなく蜜を飲み込んでいく。
普通のセックスでは飽きたらず、バイヴなどの道具を自分で用意していったり、時にはSMっぽいプレイも体験しました。
もう「女に愛撫されてヨガルなんて男の沽券にかかわる」などという野暮な考えは起こさないことにしました。
「全部入りましたよ」
肛門から醸し出される激臭は、未だ鼻を覆っています。
「いやぁ、もう堪忍してくださぁい」
この心細い気持ちにさらされたときは、妙に美登利が恋しかった。
だいいち当時の私は彼とのセックスにのめり込んでいたので、余計なことで頭を悩ませる余裕はありませんでした。
見習いという事もあって給料は安く、金に困っていたわたしは、
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。
「お前と一つ相談を打つベよ」
いかな事情があるにしろ不憫だ。
人からは、美人だとか、若く見えるだとか、おだてられることもたまにはありますが、それでももう実際は三十代も後半で中年に差し掛かっている私です。
「アソコの味は素晴らしかった」
「四十になっても、江利子はちっとも変わらないなア」
叩きながら肛門とマン穴に交互に指を突っ込みます。
「お兄さん、たまらんわぁ」
律子さんの言ったとおりだった。
感激的な初体験でした。
「大丈夫だよ、無理なことは絶対にしないから…オモチャの手錠さ。ね、佳代子さんは決して嫌いじゃないはずだよ」
半年前に定年を迎えた。
こんな私の体に触れたくてしょうがないとでもいうように、荒々しく乳首を啄ばみ、秘処の敏感な部分に押し付けた熱い舌先で、何度も何度も私をなぞるのでした。
「気持いいでしょう」
幸恵とのセックスはとどまることなく、淫らな多彩な行為にも及んできた。

東洋一のクビレ美女4時間

サンプル動画