爆乳騎乗位総集編4時間

タイトル: 爆乳騎乗位総集編4時間
キーワード: 巨乳フェチ、ベスト・総集編、騎乗位、巨乳
女優: かえでみく、JULIA、鮎川るい、横山みれい、浅田ちち、瀬戸みずほ、小出遥、来栖あさみ、星山里穂、黒沢せりな
メーカー: ex
レーベル: BoinBB

ネットの口コミ

「先日、綾子さんと妙なホテルに行きませんでした?」
そこは、熱くぬらついた濡れそぼりであふれ返っていました。
「はい、すごく臭いです。すごくいやらしい匂いだ」
しかし、体のほうは、まさに私の好みにぴったりの肉付きをしている。
「どうしたんです?大丈夫ですか」
お腹からさらに下に手が降りていきます。
「キャッツアイからだね」私は、女を確かめる。
「ああ、そんな……ダメッ!」
そう思うと、ありきたりのベッドにはしたくないという気持ちがありました。
「いくら欲しいんだ?」
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
「絶対に勃つな!」
激しい痛みがもうすぐ。
さんざん突きまくった後、にゅぼっとペニスを抜き、今庚は肛門に先っぽをあてがいました。
翌週金曜日に、再び葉月は他の受講生と共にコートへ集まった。
しかも、夢の相手はすべて美登利なのである。
彼は愛想もよく、私がコーヒーやサンドイッチを運んでいくと、いつも「ありがとう」と爽やかな笑顔を見せてくれました。
友人関係を辿って確かめてみようかとも考えたが、それも面倒だ。
十五分ほどして、ホステスが現れました。
手を引いて奥座敷へ……見るとそこには厚ぼったい寝床が敷かれ、枕許にはスタンドが点いていた。
たぶん、襖で仕切られた隣りの部屋にヒサミちゃんが居るのだろう。
ところが貫井氏はホテルで私を全裸にしてから、急に自分はこれでも夫人を愛してるんだと告白し始めたのです。
「それなのに京子夫人は自分の歳を口にしたのは妙だ」
しかし私がいくら問い詰めても、
「あはん……ああ……。いいのかしら、あたしが添乗員さんを独占しちゃって。後でお叱りを受けない?」
充血して大きくなったお豆を指でこすりつつ、私も夢中になって腰を突き上げました。
おかげで、初不倫から二ヶ月も経たないうちに、私の手帳は男達との約束で真っ黒になった。
通されたの四畳半ぐらいの次の間つきの部屋で、奥の部屋が寝室になっているみたいでした。
指の腹が皮膚を這うほんの瞬間の気配きえ、背筋がぞくっと粟立つよケな快感に繋がるというのでしょうか。
そんな私にしなだれかかり、Kさんはいった。
忘れかけていた硬い熱芯が女の部分を刺し貫いてきた時、私も浅ましく自分から腰を浮かせ、子宮に届くほど奥まで受け入れてしまったのです。
「わたしがここの主人ですのよ」
サチコの舌はまるで魔物のごとく私の舌に巻きついたり、上顎から下顎へ左右の頬の内側を巧みに這い回って私を狂喜へといざなうのである。

爆乳騎乗位総集編4時間

サンプル動画