ザーメン500連発の洗礼 JULIA

タイトル: ザーメン500連発の洗礼 JULIA
キーワード: ハイビジョン、ぶっかけ、巨乳、イラマチオ、輪姦、独占配信、単体作品
女優: JULIA
メーカー: ダスッ!
レーベル: ダスッ!

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
私は二十七歳、弟は二十五。
スカートを捲ろうとしました。
彼女の名は、下田里子。
セーターを抜き、スカートを下ろし、ストッキングを剥がす。
「それは、真佐子の勘違い。本当に、ココ、蜜がトロトロだよ…」
今日はどんな女が来るのだろうか、先日の女だろうか。
シャワーを浴びて下着を着替え、私は秋本君の家に出掛けて行きました。
十分に焦らしたうえで、加奈子の処女を散らしました。
もちろん彼女は躊躇する。
石女。
肉ザオを抜き差しさせると反撃するように彼女もわがケッメドに指を抜き差しさせる。
そんな風に尋ね返されたのは、初めてのことでした。
我がゼミは一応選考試験をしてからメンバーを決めますので、レベルの低い学生は事前にふるい落とされるわけです。
辺りは暗くなっている。
「大学なんか行かなければよいのに…」
と応えて、肩を抱き寄せてきました。
俺は、そんな女の姿に興奮を覚え、にじり寄っていく。
うぶなエロジジイをなじみ客にしたいという態度が見え見えです。
「イヤーツ、イヤーツ……ぶっとくてイヤーア、裂ける、おらの股が裂けるウ」
「僕と反対だ」
二万や三万程度なら私は二度とあんな真似はしないと忘れる努力をし、受け取ってしまったお金は自分のコスメ代にでも使ってしまったでしょう。
と、ベッドの上で大の字になった。
私が玄関を入ると夫が仁王立ちになって待っていました。
そう思うと二撃目をどうしてもためらってしまうのです。
枕元の小さな電気スタンドの明かりに、形のいいお尻が映えて、赤い筋の走ったような谷間と菊の蕾、そして剛毛に縁取られた陰唇が濡れ光っているのが見えたのです。
多分、今すぐ帰ると喚き散らせば、きっと大人しく従ってくれるとは思ったのだけれど。
ただ、その一心でした。
胎内を突き上げられる快感とクリトリスの快感が同時に襲ってきて、まるで無理矢理犯されている感覚が、恍惚感へと変わっていく……。
週に二回、決められた時間に通い続けた私はしばらくするとその句会に異様な雰囲気があるのに気付いた。
するとご主人は、私が予想してなかったことを言い出しました。
ヤツらは人格的には無口で根暗だが、その明晰な頭脳を武器に短期で値幅を稼いでいるのだ。
一瞬、呑み屋と間違えたかなと思わせるムードだったが、私の選んだ女が、「お酒を飲んでからにします? それとも、すぐに遊ぶ?」

ザーメン500連発の洗礼 JULIA

サンプル動画