働く女の黒ストッキング足コキ

タイトル: 働く女の黒ストッキング足コキ
キーワード: 足コキ、脚フェチ、パンスト、OL
女優: 藤原ひとみ、和葉みれい、稲見亜矢、大沢美加、JULIA、妃悠愛、加藤なつみ、みづなれい、波多野結衣、神河美音
メーカー: Fetishist/妄想族
レーベル: Fetishist(Fetishist/妄想族)

ネットの口コミ

「はあ?」
「このまま一生、くわえこんでいてほしいなあ」
「こお?」
いま里子とは、週に二、三回会っています。
そしてたまに相手をしても、五十を過ぎた女のアソコなど、普段の定子以上に緩い。
自分から男性を愛する術に長けていません。
正常位で何度も抽送をしてから、ペニスを挿入したまま女の片方の太腿を抱えて交差位に変化する。
私が高枚に入学した時、最初にクラスの担任になったのが松山先生(仮名>でした。
すべてが終わったとき、彼女が喉をすっかり枯らしていたのがわかりました。
看護婦は感じるのか、瞳を閉じて唇を半開きにする。
あんたは女じゃない。
「うお!」
生理が終わると同時に、男性の物を受けつけなくなってしまったのです。
「…」
廊下に誰もいない事を確かめ、「使用中」という札をドアに付けて鍵を閉めた。
「あああ~」
すると照維は体の向きを変え、私の股間に顔を寄せると同時に、私の顔を膝で跨ぎ、勃起したチンチンの先で唇をつつきました。
失業中だし保証人も立てられない身分なので、こんなところしか住むことができない。
うぶなエロジジイをなじみ客にしたいという態度が見え見えです。
「アー、アー、アーッ…」
さながら遊園地にいる親子のようだ。
十二年前、会社で受付嬢をやっていた私は、取引先の社長の次男だった五歳上の夫に見初められて、周りからは玉の輿だと羨ましがられる結婚をしました。
誘われて大森にある会員制クラブのパーティに参加したところ、唖然とする光景を目撃するはめになった。
見ると、私より少し年下と見受けられる、なかなかハンサムな男性でした。
ところが、その時、彼女は予想もしていなかった言葉を口にしたのです。
桃太郎は答えず、くわえたまま、体を逆にし、私の顔に馬乗りになってきました。
「羨ましい……」
かなりボリュームのある肉塊でした。
「やっぱり……佳代子さんは、虐められるともっと感じるんだよ……」
「長い間ご苦労さまでした」
ミュールはやはり奥さんのものかもと思い、私も急に様子窺いまでしてる自分が馬鹿らしくなったのです。
その知的な顔立ちといい、もの憂い雰囲気といい、瞳の翳り具合といい、妙に男の欲望をそそってくるのだ。
私が問い詰めても幸恵は口をつぐんだきりで答えようとはしない。

働く女の黒ストッキング足コキ

サンプル動画