射精寸前の絶頂SEX6時間

タイトル: 射精寸前の絶頂SEX6時間
キーワード: 独占配信、痴女、淫語、ベスト・総集編
女優: 里美ゆりあ、成瀬心美、大橋未久、仁科百華、さとう遥希、優木まみ、白川ゆかり、小谷理紗、緋咲アンナ、愛咲れいら
メーカー: 美
レーベル: BEST(美)

ネットの口コミ

智子さんが得意げに私との情事を周囲に話したらしく、智子さん、喜美恵さん、波恵さんが三つ巴の口論を始めてしまったのです。
圭子はいやいやするように頭を振りながら、射精と同時に、痛いほどにペニスを締めつけてきました。
「義一にはせめて学問をつけさせてやりたい」
人間はこう生きるべきだとか、そんな道徳的なことをいう趣味はありません。
「首、絞めて、締まるから」
「濡れ方も少ないし、すぐに痛がるし、なんかやる気でないな……」
「あら、そうかしら、いつもと同じよ」
夏休みも終わりに近づいた頃、私は秋本君に呼ばれて、彼の家に遊びに行くことになりました。
「あ~ッ、わたし……」湿った声が闇の中を這います。
「ああ、その代わり」
私は、次第に精神的に追いつめられるようになっていきました。
すると今度は年増ホテトル嬢がローションでヌルスルになったケツメドにニュルリと指を入れてきたではありませんか。
「あっ……!」
「先生、ちょっとお話したいことがあるんですが…」
俺はヨダレまみれの肉棒を短パンの中にしまい、葉月を立たせた。
と驚いている。
私が服を着て出てみると、ドアの外には数人の男がいました。
ところが、ゴミ置き場に近づくと、何者かが蹲っているような気配がした。
この店のホームページを調べて見ると、他にも二十歳前後の若い娘がそれなりにそろっています。
「糸子さんか、大旦那さんなら離れでお前の来るのをおまちかねじゃぞ」
「そうよ、だって勃たないんだから」
けれども、その指をヌプッ、ヌプッと肛門から抜きだされると、便秘から解放されるような快感に襲われるのです。
悪戯っぽく言葉を返され閉口し、
いったい、どうしたら……。
「はい、お陰さまで。添乗員ざんがとってもよくしてくださるので、みんな、大喜びですわ」
仲のいい朋輩が集まって、この湯治場に体を休めに来るとのことでした。
律子さんの言ったとおりだった。
「いらっしゃいませ」
「もっとお尻を突き出してごらん」
「確かに、私はSさんのように若くもないしきれいじゃない。でも、私じゃ」
忘れかけていた硬い熱芯が女の部分を刺し貫いてきた時、私も浅ましく自分から腰を浮かせ、子宮に届くほど奥まで受け入れてしまったのです。
「わたしがここの主人ですのよ」
幸恵は浴室でのセックスということに興奮をもよおされてか、意外と素直に私の誘いに応じてきた。

射精寸前の絶頂SEX6時間

サンプル動画