接吻先生JULIAの筆下ろし

タイトル: 接吻先生JULIAの筆下ろし
キーワード: 独占配信、3P・4P、ハイビジョン、騎乗位、巨乳、女教師、単体作品
女優: JULIA
メーカー: 美
レーベル: 美ッ痴

ネットの口コミ

プレイボーイ気取りで有頂天になっていたから天罰が下ったのか、とひたすら反省する日々。
「ふつうの女、ですもの」
そしてその前後の器官を内藤がいじり回すのです。
桃の花のような匂いだと思ったのは、そのとき私が舞い上がっていたこともあります。
溝をなぞって穴に指をねじ込むと、背中を反らせて大きく声を上げる。
最初は恥ずかしかったのですが、渡辺さんの言うとおり、早く弄りたくてだまらなくなっていた私、ローターを蕾にあてがいました。
そして、私の耳に口を寄せると、囁いた。
家に帰っても、
彼女の頭には、淫らな欲望がいっばいなのは承知の上です。
「やああん、だめえ、お客さん、感じちゃう!」
セックスで、こんなにも深い快感があることを思い知らされました。
仲間数人と夜の街に繰り出したさい、酔った勢いでホテトル嬢なる女とラブホテルで致すことになったんですわ。
激しい痛みがもうすぐ。
清楚な麻美の肛門から……。
たちまち、ミニのウエアがずり上がった。
「わーい、嬉しいな」
「素敵な部屋ね。それにきちんと片づいているわ。もしかして誰かお掃除に通ってきてくれる女性でもいるの?」
「いいえ、いただきたいんです」
とくに、こちらにサドの心理が働くともういけません。
「どうした、未だ出ねえか?」
ママさんにそそのかされ、おもむろに腰をあげた。
けれども夫は相変わらず苦しい家計の話は避け、夜は私に触れようともせず背中を向けて先にいびきをたてていました。
千葉氏が夫人の口に黒光りした半立ちの肉棒を押入れる。
(だって、ウチの人のより、ずっと大きいんですもの!)
はにかむように答える敦美さんの浴衣姿にそそられました。
「あにさん、元気ええねぇ」
私は重みで潰される。
「ここに座っていいかね」
夫が生きているときから、夫の愛人に対する意地もあって、女としての身だしなみには充分気をつけてきたつもりではありましたが、やはり、六十二歳の肌身をさらすのは恥ずかしく抱かれるということは、私にとってとても勇気がいると申しましょうか……躊躇したのは確かです。
せせらぎが遠くに聞こえる。
そろそろ定年だというのに、今も終電近くまで残業をしている主人を見てると、真面目と馬鹿は同義語だと呆れるしかありません。
俺は同期のエリートに教えてもらったことをそのまま力説した。
「まあ、二、三杯ぐらいなら…」

接吻先生JULIAの筆下ろし

サンプル動画