中出しされ過ぎた子宮にさらに精子を注入する!

タイトル: 中出しされ過ぎた子宮にさらに精子を注入する!
キーワード: 独占配信、4時間以上作品、ベスト・総集編、中出し、単体作品、レイプ・強姦、凌辱
女優: JULIA、管野しずか、篠めぐみ、花井メイサ、青木玲、如月カレン、小川あさ美、鮎川なお、恵けい、Hitomi
メーカー: ダスッ!
レーベル: ダスッ!

ネットの口コミ

「喜美恵さんと随分仲がおよろしいみたいですのね。あんなお節介な人、あたくし、嫌いです」
「あなたが近くにいるから…」
地獄に突ぎ落とされた気分でした。
でも、たしかに甘酸っぱくて、しいんとした、とてもいい匂いでした。
平日といえども、時間の都合はいくらでも付く。
「二人が求め合うのは、必然だったんだよ。もう、逃げも隠れせず、堂々と一緒にいよう」
これからあの部屋の中でどんな破廉恥な痴態が繰り広げられるのか、私は知らないことになっている。
朝のホームルームにちょっとでも先生が遅れると気になって、こっそりと職員室を覗きに行ったことも覚えています。
気恥ずかしさを一度耐えると、彼女は急に吹っ切れたように喉を震わせ始めました。
そういいながら勃起しない私をしゃぶってくれる。
私なんか結婚しなければ良かったんだ…。
「今に分かるわよ」
真っ直ぐに目を覗き込まれて、私は思わず本当のことを口走っていました。
「はーい」
葉月は指を抜き、五本指で女口を隠した。
それでも美登利からの返信はないまま、時だけが過ぎていった。
関西から横浜に移って荒稼ぎしていたところ、うっかり指紋を残したことから捜査の手が伸びて、とうとう尻尾を掴まれたのです。
「空き缶を集めてらっしゃるの? それじゃあ、家にあるのを持っていってくれないかしら」
指名するどきに見せてもらった写真と本人の顔にそれほどの修正が見られません。
「ホーッ、ここさな? ンだば、わしもやってやるか……」
たぶん、女馴れした奴だろう。
二万や三万程度なら私は二度とあんな真似はしないと忘れる努力をし、受け取ってしまったお金は自分のコスメ代にでも使ってしまったでしょう。
ただ、喘いでいる。
ひと頃は波風とて、だいぶ立ったものでした。
パンティの股ゴムを持ち上げて侵入しました。
「お兄さんの部屋で呑み直そっ」
「あ、どうしよう…、いい…ん…」
「もうだめ、早くこれを入れて!」
温泉旅行に誘われた時に結ばれたのです。
とかいってくる人もいる。
おかげで、我が家はとうとう自分の家を持つこともなく、結婚当時から同じ団地に住み続けています。
そして感動的で圧巻だったのは、射精を果して俺の糞まみれになったチンポを、その上品なロに含んで綺麗に舐めとってくれたことだった。
幸恵は左手を右の乳房の上に置き、腕の肘のあたりで左の乳房を揉みしだき、右手の指は露出させたオマ×コの中に突っ込んでオサネを弄っている。

中出しされ過ぎた子宮にさらに精子を注入する!

サンプル動画