S級美巨乳8時間

タイトル: S級美巨乳8時間
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、巨乳、巨乳フェチ、中出し、美乳、パイズリ、独占配信
女優: さとう遥希、北川瞳、仁科百華、JULIA、辻井美穂、及川はるな、みなせ優夏、桃実、大月まゆか、菅野みいな
メーカー: OPPAI
レーベル: OPPAI

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
「あなたが、承知しないのに?」
思わず「これ?」と親指の腹でえぐると大家さんの体がブルッとわななきました。

定子の中が、それこそ「キュッ」という感じで締まる。
「家内は十年前に乳ガンで亡くなったんです。うちは子供もいませんから、今は男やもめってやつで。永田さんに声をかけてもらって、むしろ有り難いくらいです」
こんな姿態を女の夫が見たらなんと思うだろうか。
先生のモノが私の中に入って来た時、私は思わず、
遂に、そのいざというときがやってきたのです。
パンツが見えそうなほど短いスカートをはき、若いのに媚を売る目つきをしている。
こんな私でも女なんだ……。
要するに男と女の戯れに定石はないってことなんでしょうな。
結婚前に夫と体の関係を結んでさえいたら二年もの月日を無駄にせずに済んだものをと、随分悔やんだものでした。
「あっ、あうう…」
突っ込んでやるか。
こう報告すると、彼女はうつむいたまま黙っていた。
一般の入とはあべこべに、私たちの生活は昼夜逆転していました。
「じゃあ、お願いね」
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
驚いて理由を尋ねたが、シクシク泣く許りでいわない。
「ヒサミちゃん、ごめんよ、ショック療法だから」
それをよりによって下品な貫井夫人に見抜かれて馴れ馴れしく自分を頼ってと言われたので、私の中で益々彼女に拒絶反応が強まってしまいました。
ビールをジョッキ一杯でも真っ赤になってしまう。
(こんなときは、ヤケ酒を飲むに限るわ。ええ、今夜は思い切り飲んでやレますとも!)
真っ赤に腫れ上がった尻を抱えます。
ほかの朋輩たちのことを尋ねてみると、
顔などとても覚えていられない。
何とかごまかそうと思いましたが、咄嵯のことで言い繕うことができません。
私は今までになく期待と不安とが渦巻く気持ちを抱きながら、彼の瞳に視線を絡ませました。
人の気配は全くない。
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
皆さんお分りだろう。
「きみも才マ×コを、おれの目の前で丸出しにしてごらん。

S級美巨乳8時間

サンプル動画