JULIA 8時間

タイトル: JULIA 8時間
キーワード: 巨乳、痴女、デジモ、独占配信、ハイビジョン、凌辱、パイズリ、単体作品
女優: JULIA
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

そして明らさまに挑戦的な視線を注いできたのは波恵さん。
たちまち私の胸は、はげしく波打ち騒ぎました。
「すごい! お尻の穴もオマxチョも丸見えだよ。すっごくいやらしいよ」
里子とはもう五年くらい前から一緒にカラオケスナックに行ったり、あれこれ話を聞いてやったりする仲でしたが、セックスをしたのは、半年前でした。
しかし、余り長く紋めていると、定子の命を奪いかねない。
何度かのデートのあと、私は初めて、渡辺さんの上で自分で絶頂を得ることが出来ました。
「キャッツアイからだね」私は、女を確かめる。
「あ、イヤっ」
しかし、例によって、慎重な私は、その誘いにすぐに乗るようなことができずにいました。
若い女の蜜は甘くてとろとろしていて極上だった。
夫は長男でした。
「あ、あふ…気持ちいい。すごくいい……」
ブルーのバスマットに腰を降ろすと、寄り添うように隣りに座った彼。
一気に挿し入れていきました。
「べロ全体を突き出して」
なんと半世紀を経て初恋同士が初婚のまま結婚することになったのだった。
昼の間はセックスの合間に眠り、夜になるとモソモソ起き出して、照雄はたいてい仕事に出かけます。
そして、倅をしゃぷり始める。
いつまでも、咥え続けさせるのもかわいそうなので、発射モードに切り替えて、フィニッシュとしました。
器量も人並み以上に気立ても佳く、伝兵衛の独り息子の伝吉に見染められ今年の春、嫁いで行った許りだった。
「どうやって、あの子を変えようかしら」
今思えば、あの雨の日にベンツに乗せられた時のことは、こうやって私を二人の奴隷にする為に夫婦で仕掛けた罠だったのではと思うのです。
それにしても神主の夫人。
すると、
「そ、そんな……」
なんだかまだ夢の続きを見ているような気持ちでした。
くねくねと体を左右に振ってお尻の穴を揺すっていると痺れはもう下腹いっぱいに広がって、子宮の奥が甘痒い感じでいっぱいになる。
タチンボというのは街娼のことで、深夜のデパート付近に、よく立っているとのことでした。
女癖が悪い上に、自宅に戻れば口喧しく、亭主関白の典型のような夫でしたから、私は身も心も楽になったと心底思ったものです。
女性たちの方も同じような物で残りの三人は、まあ普通にくたびれたババア連中だが、男たちに色目を使う。
こんな私の体に触れたくてしょうがないとでもいうように、荒々しく乳首を啄ばみ、秘処の敏感な部分に押し付けた熱い舌先で、何度も何度も私をなぞるのでした。
やがて現れた三十半ばのお手伝いさんに俺は居間に通された。
私がすっかり惚れ抜いてしまったのは幸恵のほうである。

JULIA 8時間

サンプル動画