パイズリ100連発!!

タイトル: パイズリ100連発!!
キーワード: 独占配信、巨乳フェチ、巨乳、パイズリ、ベスト・総集編
女優: あざみねね、ましろ杏、佳山三花、橘なお、椎名ゆな、小峰ひなた、恵けい、佐田あゆみ、長澤あずさ、仲村ろみひ
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
私が圭子をはじめて見たのは、結婚式の当日のことでした。
「俺のオチンチンをアソコの穴に入れてあげましょうか? どうします?」
女のプライドというか、浮気の言い訳がほしかったというか、そんな女心でしょう。
それは決して科学では証明できない。
「スイング自体は悪くないですよ。
年の頃は三十前後で、落ち着いた器量の良い女だ。
私は自分にそう言い聞かせていました。
その夜の彼女は、葡萄色の薄い春コートを着ていました。
「その代わり頼みがある」
夫の精子に受精能力がないと診断されたのです。
これが二十歳がそこらの風俗嬢のセリフだったら嘘臭くて白けるところですが、年増女の口から聞かされると妙に真実味があるのです。
激しい痛みがもうすぐ。

しかも、豊肉が躰全体に付いている。
この兄の死は、私にとっては大きな衝撃であった。
私はその後、何人かの男性と交際しましたが、なかなか心から信用することができず、結婚には至りませんでした。
そのたぴた身分を明かして事情を説明し、謝罪を繰り返す毎日だった。
「どうした、もっとしっかり咥えんか」
「わしやこう見えても寝小便癖を治す名人だ。今までも若い娘の寝小便を何人も治してやったで、お前の娘も治してやる。善は急げっていうだ。これから家サ帰ったら旱速わしン所へ寄越さっせ……きっと治してやるでよ」
男として、性欲はあるほうで、たっぷり精液も堪っている。
「うう……ああんっ……あああん……」
エラの張り出した真っ黒く淫汁焼けをした自慢の肉棒。
もともと、夫は不規則な時間に出勤したり帰宅したりするこどが多かったのですが、
「あああ、ひどい人。指を入れていいなんて言ってないのに」
仲のいい朋輩が集まって、この湯治場に体を休めに来るとのことでした。
あやすような半多氏の声。
そのときに腰をゴシゴシよじりつけてきますので、チ×ポがオマxコに潜りそうになってしまいます。
「えっ?」
Kさんは私に抱ぎつき、目を閉じて唇を突きだした。
その時、あっさり閉められていくドアの隙間から玄関の三和土に見慣れない女物の靴があるのに気づいたんです。
俺はこの奥さんのために、いくらでも損失補填してやろうと心に誓ったものだ。
しかも、最悪なことに、それまで順調だった社業がにわかに土台骨から揺らぎだし、ついには倒産という憂き目に追い討ちをかけられた。

パイズリ100連発!!

サンプル動画