湯けむり近親相姦 母子入浴交尾 JULIA

タイトル: 湯けむり近親相姦 母子入浴交尾 JULIA
キーワード: お母さん、巨乳、人妻、近親相姦、熟女、単体作品
女優: JULIA
メーカー: VENUS
レーベル: 女神(ヴィーナス)

ネットの口コミ

「分かった分かった」
「あなたのおちんちんのかたち、わたしにぴったりだわ。ああ、あ、あ……じっとしてるだけで感じちゃうわ」
「あはん、そっちはだめよお。いやーん、だめだってばぁ」
聯場の上司の勧めで見合いさせられて、まあ、この男となら一生食いっばぐれがないかな、というような打算で結婚したのでしょうかね。
定子の中が、それこそ「キュッ」という感じで締まる。
もちろん、罵声を浴びせられましたが、私は平気です。
妻の下着姿は美しかった。
先生は、私のあそこを指で愛撫しながら、私の手を取って自分の股間に誘導していきました。
「わたくし…男の人、初めてなんです」
女たちは金に目がくらみ、面白いように近寄ってくる。
相手の男性も、私が知らない女だからこそ普段できないような激しいセックスを求めてきました。
「お尻の穴に入れて!」
「精が出ますね」
「あっ……」
葉月は指を抜き、五本指で女口を隠した。
「リラックスしなさい。もっと楽にしなくちゃ……」
照雄はあまり詳しく語りたがりませんでした。
憧れの人とは正反対の淫乱女だったが、わたしはとりあえず満足を覚える。
で、放送で取り上げていた「ドライオルガスムス」というのは、究極オナニー法のことです。
ぱっと腰巻きをはどき、
「そのうち出来るさ」
「や、やめてください……」
私は一息ついてから、そこに口をつけた。
と、こんどは夫の手がパジャマの中へもぐりこんできました。
「あのー、よろしいかしら?」
「桃太郎です。よろしく」
さっきまで微かな尿意はあったような気がしたのだが、咄嵯に体の奥深く引っ込んでしまっていた。
(まあ、童貞喪失代と思えば、安いものか)
夫を一昨年前、癌で亡くした私は、こう申しては何ですが、どこか解放されたような気持ちを抱いておりました。
「今日はお見かけしなかったけれど、どちらへ?」
まだ帰ってきたばかりなのか、うちの主人のようなだらしない格好と違い、スラックスとスポーツシャツという姿で、私が差し出したタッパーをドギマギした様子で受け取ってくれました。
まあ、ありふれた想像だが、そんなところだろう……。
後ろから見上げると、花柄のスカートに包まれた女の尻がもこもこと揺れている。

湯けむり近親相姦 母子入浴交尾 JULIA

サンプル動画