昼下がり、美熟母のオナニーいろいろ 2

タイトル: 昼下がり、美熟母のオナニーいろいろ 2
キーワード: お母さん、オナニー、熟女
女優: 桐岡さつき、北原夏美、堀越香奈、山岡もも恵、藤倉香里、雨宮真貴、青山祥子、飯倉美奈子、JULIA、加賀ゆり子
メーカー: ex
レーベル: お母さん.com

ネットの口コミ

たぶん綾子さんを助手席に乗せた現場を目撃して、私の車の後をつけてきたのでしょう。
荒い息が、耳と頬に吹きかかってきました。
「じゃあ、大家さんのも見せてもらうよ」
両腕に抱きかかえて頬ずりし、舐めまわし続けました。
こんなチャンスは長い人生でも、そうそうないに違いない。
そんな私の思いなど、渡辺さんはお見通しのよう。
女は私の反応を見て微笑むと、ゆっくりとブラジャーを取った。
教会の外で待っていると、松山先生と純白のウエディングドレスに身を包んだお嫁さんが出て来ました。
血走った瞳で天井を睨むと、加奈子は、そのタオルを自分で取り去り、股ぐらに手首を差し入れました。
ホステスたちはそういうが、金を弾むといえば乗ってくる。
私にも、強引なことはしませんでしたし、フェラチオなども要求してきませんでした。
ってね。
当時十年越しで付き合っていた男性と別れてしまったのも、私の身体の変化が原因でした。
テーブルを挟んで向かいあうと、麻美が口を開きました。
背の高さは、俺と同じで百七十センチ位だ。
「なんて僕はいやらしいんだろう!」
チャーハンと餃子くらいでモノにできると思われたのでは大迷惑です。
せっかくだから女房も誘おうと思ったが、彼女は友達同士で気軽に楽しんでいる。
電車を乗り継いで、お目当ての店に出かけました。
「旦那さんはもっともっと突いてくれるの。そうすると出るのよ」
「そうよ、だって勃たないんだから」
いくら家計の為、娘の為と思っても二度と出来ることではありません。
「ひどい言い方ねえ。わたしそんなに~」
「可哀想なオマ×コを慰めてやらなくきゃな。ほら、これはどうだ!」
真っ赤に腫れ上がった尻を抱えます。
「あにやんには、ちと目の毒やなぁ」
「じゃ、ね」
先に精算をすますと、女性は急に愛想がよくなって、
その息さえも、快感を掻き立てて、肌に浸透していくような感触が。
「私じゃ、ダメですか?」
もう殆ど夫婦生活もなくなっていた私は、自分の体が久し振りに人の手で弄られる感触に反応してしまい、理性よりも相手の指の動きしか感じられなくなってしまったのです。
年齢は五十過ぎでお手伝いさんの若さに嫉妬し、そして綺麗なお手伝いさんをこき使っている。
生きていれば、もういいお婆さんになっているはずだが…。

昼下がり、美熟母のオナニーいろいろ 2

サンプル動画