ヌルテカ絶品ボディ

タイトル: ヌルテカ絶品ボディ
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品、ローション、巨乳、巨乳フェチ、尻フェチ、デジモ、独占配信
女優: JULIA、小川あさ美、仁科百華、竹内あい、可愛みくり、春咲あずみ、澄川ロア、花井メイサ、KYOKO、望月けい
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

「そう言うな」
と言いました。
さも母親を慕うような素振りで大家さんの胸に顔を埋め、衣服越しに伝わってくる乳房の温もりや柔らかさをドサクサに紛れて昧わおうとしたのです。
前の彼女の知り合いだったのです。
定子の方も、よほど苦しいのかあからさまな拒絶を示そうとしない。
心配そうにリビングに入ってきた渡辺さんに声をかけられ、やっと顔をあげた私。
それとも私の女遊びを知って仕返しをしているつもりなのか。
「先生にバージンをあげることができてうれしい…」
あれこれと考えると、女子学生には手を出さないほうがいいという結論に達するのですが、実際はそう簡単にはいきません。
何もホテルにしけこむことはない。
まるで、死刑の宣告でも受けるような緊張感で、膝がガクガグしていたのです。
暗褐色のケツメドとぷつくり膨らんだドテ肉がモロ見えになったんですわ。
「わ、私、だめなんです。男の人を受け入れられない体になってしまって……。
私はいやらしそうに笑いながら紙を捨てると、尻たぶを両手でつかみ押し広げたのです.そして、じいっと恥ずかしい部分を覗き込みました。
それもスピードを加減しながら動かすのだ。
「あっ、いや……やめて」
出かける時間は早番だと午前七時にはシフトについていなければならず、遅番の時は十一時からの勤務です。
私はアラを食さねばならない奥さんを不憫に思い、どうせゴミ処理してしまうのだから、ゴミ代が浮くというメリットもあり、アラを無料で提供していた。
個室での全裸プレイと違って、ボックス席での尺八は、気が散るのか発射までの時間が長くなります。
糸子が声を振り絞ってむっちりした尻を動かすと、グチョグチョと陰門の鳴る音と共に、淫水が吹き溢れ、藤右衛門の青筋立った陰茎はもとより、自分の太股迄べっとり濡らし、余った分はさらに糸を引いて寝床の上に滴リ落ちる。
クスクス笑いが、大笑いになった。
それをいいことに、私はお金を貰いながら貫井夫妻の性奴隷にされ続けています。
意味ありげに笑いかける。
(いつまでも、ここに突っ立っているわけにはいかないわ。とにかく帰ろう…)
眉間に縦ジワを寄せて彼女が呻きます。
「ああっ、ええっ、ええわぁ」
だから、翌日、私は彼女の部屋を訪ねた。
彼女は、衣服で体をかくし、浴室に消えて行きました。
吉崎さんはそう言うなり、浴衣をはだけ、私の目に目隠しをしたのです。
「ホント、イヤらしい。さかりの付いた犬みたい」
そして部屋の電気が消えていたということは、暗い部屋で不埒なことをしていたに違いありません。
「さあ奥さん、隠しても駄目だよ。本当はマゾなんだろ。白い液がおま×こから溢れてくるじゃないか!」
とはいっても、たかだか従業員が十数名ほどにすぎないちっぽけな企業ではあったが……。

ヌルテカ絶品ボディ

サンプル動画