美しい彼女SP JULIA

タイトル: 美しい彼女SP JULIA
キーワード: 中出し、単体作品、巨乳、ハイビジョン、独占配信、3P・4P
女優: JULIA
メーカー: エムズビデオグループ
レーベル: ファンタジー(MVG)

ネットの口コミ

鼻にかかった声がちょっと色っぽい方ですが、彼女とはほとんど言葉を交わしたこともなく、予想外のことでした。
私の気配を察して、それに合わせてくれただけかもしれません。
大家さんは小遣いも渡してくれました。
していたら、私を相手にすることなんか、とっくにやめていたはずです。
そう思って定子の誘うままに、私は膣内へと挿入を果たした。
そちらに気がいかされた次のタイミングで、小刻みに、でも、早く、優しく揺られる蕾。
「お帰りなさい。今日もお疲れ様」
そして、先生に抱かれて幸せだったと思います。
粘膜の艶に初々しさが溢れています。
「じゃ、じゃあ、お水を」
ただ、スープの冷めない距離に住んで欲しいと言われ、自転車で行き来できる程度の場所に部屋を借りて、夫婦水入らずの生活をスタートさせました。
「もういい。分かった分かった。あんたが一生懸命ご奉仕してくれるのは有り難いが、その気持ちだけで十分だ」
最後は決まって大喧嘩。
麻美は全く答えられません。
小鳥が首を傾けるような仕草を見せた。
だから私たちは、離れて登下校をするようになっていた。
私はある日、そう切り出しました。
彼女はマンションの六階に住んでいて、ゴミ捨て場まで運ぶのが面倒らしい。
しかし、何かいいところがありそうです。
糸子は苦し気に肩で息をし、
久しぶりに、家庭的な雰囲気を味わっている。
十二年前、会社で受付嬢をやっていた私は、取引先の社長の次男だった五歳上の夫に見初められて、周りからは玉の輿だと羨ましがられる結婚をしました。
からかわれているのだろうと思いつつも悪い気はしなかったのだが、会合かお開きになると潮が引くように離れて行ってしまった。
私が玄関を入ると夫が仁王立ちになって待っていました。
尻肉がビシッと音を立てて盃みました。
いつの間にか倒れた電気スタンドの明かりが、斜めに尻の溝を照らしていました。
それは、掛け値なし、藤枝氏の本音だったらしい。
舌を入れてきたのは彼女のほうからでした。
彼のものが私の肉を突くごとに、潤った液体と粘膜とが淫らな音をたてました。
特に八十六にもなる爺さんなんかは端で見ていても恥ずかしくなるくらい、S婦人に露骨なモーションを掛ける。
その夜、主人のいびきを聞きながら甘い余韻の残る体を火照らせ、私にもドラマティックな恋が始まるのかとドキドキしてしまい、寝付けませんでした。
「ああっ、まだダメじゃない!」
とサチコは言った。

美しい彼女SP JULIA

サンプル動画