極上ナース23人!このナースがたまらない!4

タイトル: 極上ナース23人!このナースがたまらない!4
キーワード: 巨乳、看護婦・ナース、4時間以上作品、ベスト・総集編、手コキ
女優: 由愛可奈、吉沢明歩、成瀬心美、西條るり、咲田うらら、ましろ杏、美藤れん、紺野美奈子、矢野沙紀、横山美雪
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

彼女の瞳には嫉妬の色がありありでした。
「どうして、そんなに僕を励ましてくれるの?」
と聞かされていたからです。
べつに、金と地位にものをいわせて女をつかまえていたわけではない。
化粧も薄いし、表情も乏しい。
「えー、あの人が永田さんの奥さんなの?似合ってないわね」
「なにかありましたか」
と言うと、コックリとうなずいた彼は、しばらくオチンチンを私の肉溝に挟むようにして擦りつけてきました。
「美術館で絵を鑑賞する加奈子さんは、それだけで十分に芸術作品ですね」
「も、もう、終わりかな……」
自分を全否定されているような気がして、何をしていても子供が産めないということが気になって、生きていることさえ辛くなっていたのです。
うわずった声で年増ホテトル嬢が喘ぎました。
「ええ、お願い…」
「お、おい。君、だいじょうぷか?」
それだけでも、プリプリと小刻みに尻肉が震えた。
私の家は美登利の家から更に奥に入るのだが、小学校の頃から学校の帰りに、よく立ち寄っては馬小屋をのぞいたものである。
(ひょっとして後ろ暗いことでもやっているのかしら?)
最近は体調も良く、少しは若返ったような気分に浸っている。
布団の中でうつらうつらしながら昔の歌謡曲などを聞いて、若かりし頃の懐旧にふけっています。
「糸子……糸子…」
少し、揺すってから、わざと強く浴衣の太腿に打ちつけた。
ですがまた掌に何枚か畳まれた紙幣を握らされてしまった私は、彼がスラックスの前を開けて赤黒い肉竿をムックリと出してくると、促されるまま口の中に吸い込みました。
ま、全員が素知らぬ顔で談笑しているから、それはそれ楽しければ全て良しなのだろう。
夫に見事に欺かれていたことを、のちになって思い知ることになったのです。
ビシッど音を立てて掌で尻肉を打ち据えます。
「ふふっ、いやなこと言わんといて」
バスルームのタイルにいやらしい音が跳ね返されて私の耳に飛び込んでくる。
着痩せするタイプなのでしょうか、乳房は驚ぐほどでかく、しかもパンパンに張っているのです。
二十年以上、セックスなど御無沙汰していたこともあって、私は男と女の営みがこれほど悦びを与えてくれるものとは、生まれて初めて知ったのです。
私は持っていた杯を落としそうになりながらKさんを見る。
ですが、渡してしまえば何か話しかけてくるというわけでもなく、私も早々に帰るしかありませんでした。
とか、俺を気持よがらせて辱める。
と言う。

極上ナース23人!このナースがたまらない!4

サンプル動画